このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

卒業式

令和3年3月9日(火)午後、南多摩看護専門学校第24回卒業式が挙行されました。昨年度中止となった記念講演会は、今年度リモートを取り入れ、開催しました。国立看護大学校の樋口まち子先生をお迎えし、『「看護」は「国際」そのもの』というテーマでグローバルな興味深い話をお聞きしました。

卒業式は来賓や御家族、在校生の出席が叶わない中、76名の卒業生と教職員のみで執り行いました。卒業証書は、加藤奈保美校長より一人一人に授与されました。式辞では、コロナ禍の大変な思いを力に代え、自分自身の健康に留意しながら、健康の担い手になってほしいこと、一人で無理をせず、周りにも頼りながら成長してほしいというお話をいただきました。

答辞では、臨地実習で、難病患者を受け持った時の患者の気持ちに胸が詰まる思いをしながら、患者のできることは何かを考え、精一杯看護する喜びと大切さを感じたことを述べていました。また新型コロナウイルス感染症の影響で臨地実習に行くことができない中でも、多くの方に支えられながら学べたことへの感謝と得た学びを今後臨床の場で生かしていく決意を述べていました。

卒業生たちが自ら校歌と巣立ちの歌のピアノ演奏をし、「3年間の思い出」のスライドショーでは入学から卒業までを音楽と映像で振り返り、心温まりました。最後に卒業生から教職員へのお礼の言葉で卒業式は終了となりました。母校で培った学びを活かし、1人1人が看護の道を歩んでいくことを教職員一同願っています。

卒業式1

卒業式2

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。