このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

標識の掲示義務について

標識の掲示義務について

健康増進法及び東京都受動喫煙防止条例により、2人以上の人が利用する施設(第二種施設:飲食店、店舗・オフィス、理美容所、クリーニング所、コインランドリー、興行場、公衆浴場、旅館・ホテル(客室を除く)等)が喫煙室を設置する場合の標識の掲示義務については、次のとおりです。
※第一種施設(医療機関、施術所、学校等)についてはこちら

飲食店

禁煙喫煙か、店頭に標識を掲示する義務があります。
店内に喫煙室を設置する場合は、店頭に加えて、喫煙室の入口にも掲示しなければなりません。
※飲食店の受動喫煙防止対策についてはこちら

飲食店以外の施設

屋内に喫煙室を設置する場合は、施設と喫煙室の入口に標識を掲示しなければなりません。
※飲食店以外の施設の受動喫煙防止対策についてはこちら

標識の種類について

設置する喫煙室の種類により、掲示する標識が異なります。

喫煙専用室

たばこ全般を吸うことができます。
喫煙以外のことはできません。

喫煙専用室ありのイラスト
施設入口

喫煙専用室のイラスト
喫煙室入口

加熱式たばこ専用喫煙室

加熱式たばこのみを吸うことができます。
飲食等、喫煙以外のことができます。

加熱式たばこ専用喫煙室ありのイラスト
施設入口

加熱式たばこ専用喫煙室のイラスト
喫煙室入口

喫煙可能室

令和2年4月1日時点で既に営業している、従業員がいない飲食店に設置することができます。
詳しい設置条件についてはこちらをご覧ください。

喫煙可能室ありのイラスト
施設入口

喫煙可能室のイラスト
喫煙室入口

店内全てを喫煙可能にする場合は、以下の標識を施設入口に掲示してください。

喫煙可能店のイラスト

喫煙目的室

利用者に対して喫煙場所を提供することが主な目的の施設(シガーバー等、たばこ販売店、公衆喫煙所)に設置することができます。

喫煙目的室ありのイラスト
施設入口

喫煙目的室のイラスト
喫煙室入口

店内全てを喫煙可能にする場合は、以下の標識を施設入口に掲示してください。

喫煙目的店のイラスト
施設入口

標識の入手方法について

ホームページからダウンロード

標識は、下記ページからダウンロードすることができます。

標識・説明用パンフレット

保健所窓口での配布

数に限りがありますが、当保健所又は武蔵野三鷹地域センターでも配布しています。
配布対象・・・武蔵野市・三鷹市・府中市・調布市・小金井市・狛江市に所在する施設

お問い合わせ

このページの担当は 多摩府中保健所 企画調整課 企画調整担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。