このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 障害者 の中の 講座・催し物 の中の 令和3年度手話通訳者等養成講習会のご案内(令和3年10月から開講します) のページです。

本文ここから

令和3年度手話通訳者等養成講習会のご案内(令和3年10月から開講します)

令和3年度手話通訳者等養成講習会を受講される皆様へ(令和3年7月5日)

 令和3年度手話通訳者等養成講習会につきましては、緊急事態宣言の発出により開講を延期としておりましたが、現時点での感染拡大状況やオリンピック・パラリンピックの開催による影響等を考慮し、令和3年10月から開講することといたしました。 受講者の皆様には、お申込みから講義開始まで長期間お待たせすることとなり、大変申し訳ございません。
 なお、今後のスケジュールについては、事業の委託先である東京手話通訳等派遣センターより、個別にご案内を送付させていただきますので、今しばらくお待ち頂けますようお願いいたします。
 以下に概要をご案内いたします。

1 開講期間

令和3年10月から令和4年3月まで

※全80時間(40回)のカリキュラムのうち、半年間で40時間(20回)のカリキュラム修了を予定していま
 す。
※残りのカリキュラムについては、令和4年4月以降に引き続き実施します。
※令和3年度及び令和4年度の2か年で講習会を実施します。なお、令和4年度の単年度講習会(新規募集)
 ついては、現在検討中ですので、令和4年2月頃にホームページでお知らせします。

2 講義形式

 ご協力いただいた受講者アンケートの結果を踏まえ、原則として「対面形式」で実施します。
 ただし、感染拡大状況によっては、随時、オンデマンド配信やオンライン講義に切り替えて実施します。
 受講者の皆様におかれましては、オンライン環境の整備について、何卒ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 ※開講前に、オンライン環境に慣れていただけるよう、テスト配信(プレ講習)を準備中です。

3 その他

 開講スケジュールの大幅な変更により、残念ながら今年度の受講が困難と判断された受講者については、開講前に限り、受講辞退のお申し出を受け付けます。受講辞退となった場合には、令和4年度以降、再度同じクラスへの申込みが可能です(ただし、再度選考試験を実施します。)。
 なお、受講辞退者が出た場合でも、追加募集は行いません。


以下は募集時点でのご案内です>

令和3年度手話通訳者等養成講習会のご案内

 この講習会は、聴覚障害者の福祉に理解と熱意を有する方に手話等の指導を行い、手話通訳者を養成するとともに、手話の普及を図るために地域における講習会等の指導者を養成することで、聴覚障害者の福祉の向上を図ることを目的として実施するものです。 
(令和3年度講習会の募集は終了いたしました。)

 令和3年度講習会につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響により、各会場の受講人数を減らして実施する必要があるため、全クラスの受講定員を30名から18名に縮小して開講いたします。
 誠に申し訳ございませんが、お申込みいただいた皆様におかれましては、何卒ご理解の程お願い申し上げます。(令和3年4月26日)

1 講習内容

概ね次の内容について講習を行います。

クラス名 養成目標 講習内容
1 地域手話通訳者クラス 手話通訳技術を習得し、都内自治体で手話通訳者として従事できる者を養成 (1) 聴覚障害者に接する心構え
(2) 聴覚障害者に関する諸問題
(3) ことばの仕組み(手話)
(4) 手話通訳論
(5) 手話指導法
(6) 通訳実習・指導実習
2 手話通訳者実践クラス 手話通訳技術の向上と手話通訳士の資格取得ができる手話通訳者を養成
3 【令和2年度新設】
手話通訳士実践クラス
多様な場面で対応できる専門性の高い通訳技術を習得した手話通訳士を養成
4 手話指導者養成クラス 都内各自治体の手話講習会などで、手話奉仕員の指導ができる講師などを養成
5 【令和2年度新設】
手話通訳者指導者養成クラス
都内各自治体の手話講習会などで、専門性の高い手話通訳者を養成できる講師を養成
6 【令和2年度拡充】
手話指導者養成クラス
(中途失聴・難聴者向け手話指導)
中途失聴・難聴者向け手話指導カリキュラムを学習し、地域等で開催される講習会で指導できる力を養う。 中途失聴・難聴者への手話指導に必要な知識・実技を学ぶ。
(1) 情報保障を使っての指導・考え方
(2) 中途失聴・難聴者の手話について
(3) 指導計画案作成上の具体的視点
(4) 模擬演習
(5) 「豊かなコミュニケーション」(テキスト)を使用した実習
(6) 対人援助について

令和2年度より、講習会のクラスを再編しています。下記もあわせてご覧ください。

2 対象者

(1) 都内に住所を有するか、又は都内に日常生活の場を有する方(都内在勤・在学)で、手話に関する知識
   と経験を有する方
(2) 令和3年4月1日現在、18歳以上の方
(3) 応募資格を有する方で、修了後、都内で手話通訳・手話指導等の活動ができる方

 各クラスごとの応募資格については、募集要項をご確認の上、お申込みください。(募集要項については、下記の「6 応募要項・受講申込書」に掲載しています。)

3 講習期間

(1) 地域手話通訳者クラス、手話通訳者実践クラス、手話通訳士実践クラス、手話指導者養成クラス、手話通
  訳者指導者養成クラス

  令和3年5月12日から令和4年3月9日までの週1回(概ね毎週水曜日)

(2) 手話指導者養成クラス【中途失聴・難聴者向け手話指導】

  令和3年5月13日から令和4年3月10日までの週1回(概ね毎週木曜日)

※新型コロナウイルスの感染拡大状況により、講習期間・時間等は変更する場合があります。

4 費用

受講料は無料です。テキスト代等については実費負担があります。

5 募集期間

令和3年2月12日(金曜日)から同年3月12日(金曜日)まで(消印有効)

※申込期限を3月19日(金曜日)まで延長いたします。(消印有効)

6 募集要項・受講申込書

 詳細につきましては、以下の募集要項をご覧ください。

7 申込み・問い合わせ先

東京手話通訳等派遣センター
〒160-0022 
新宿区新宿二丁目15番27号 第3ヒカリビル5階
電話 03-3352-3359
FAX 03-3354-6868

8 その他

 講習会修了後、都内で手話通訳等の活動をしていただくため、本講習会修了者の氏名・修了クラス・住所を在住(在勤・在学)の区市町村に報告します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 障害者施策推進部 計画課 社会参加推進担当(03-5320-4147) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。