このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

青梅看護専門学校の取り組み

教育課程の特色

『看護に生かせる形態機能学』
「解剖生理学」ではなく、都立青梅看護専門学校では、より科学的な根拠に基づいた看護の実践をめざして、また生活者の視点で人体のしくみを理解できるように「形態機能学」という科目名にしています。この授業の約半分を看護教員が行っています。また、学んだ知識を生かし自分の体を使った実験を行う授業もあります。

国家試験100%合格に向けた取り組み

個々の学生の強みと弱みを見極めて面接指導していきます。
学び方を学ぶところから始めます。
各学年で国家試験模擬試験を取り入れ、自分の成長を確認していきます。

きめ細かな学生支援体制

カウンセラーとも連携して学生生活全般の相談に応じています。
模擬面接や説明会など様々な手段で就職活動を支援しています。

安全な技術への指導

医療事故を防ぐには、事故の発生要因を知ること、確かな判断力・実践力を身につけることが重要です。輸液ポンプの操作、採血などの実践的な実習をとおし、確かな判断力・技術力が身につけられるよう指導しています。

お問い合わせ

このページの担当は 青梅看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。