東京都福祉保健局

東京都福祉保健局

グローバルナビゲーションメニューを開く

危険ドラッグってなに?

東京都では、合法ドラッグ・脱法ハーブ等と呼ばれるドラッグを「違法(脱法)ドラッグ」と呼んでいましたが、平成26年7月22日、厚生労働省及び警察庁が新呼称名を「危険ドラッグ」に選定したため、現在は「危険ドラッグ」と呼んでいます。

だまされないで!!

指定薬物、知事指定薬物、個人の使用・所持も処罰対象です。

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律及び東京都薬物の濫用防止に関する条例の改正により、法で規定する「指定薬物」と条例で規定する「知事指定薬物」は、麻薬や覚醒剤と同様に、製造・販売だけではなく、個人の所持・使用も「違法」となり、処罰の対象です。

大変危険で違法なドラッグです!

「合法と言われているものは安全」「法規制されていないものだと言われた」―実は、すべて「違法」です。

「合法ドラッグ」「ハーブ状の危険ドラッグ」などと称して販売されるため、あたかも身体影響がなく、安全であるかのように誤解されていますが、大麻や麻薬、覚醒剤などと同じ成分が含まれており、大変危険で違法なドラッグです。

合法ドラッグ・脱法ハーブ、これらの名称は違法な販売者が勝手につけたものです。本当は全部危険な薬物。

何が危険なの?

危険ドラッグには、既に規制されている麻薬や覚醒剤の化学構造を少しだけ変えた物質が含まれており、体への影響は麻薬や覚醒剤と変わりません。それどころか、麻薬や覚醒剤より危険な成分が含まれていることもあります。
実際はどんな危険性があるのか、わからないのです。

麻薬と危険ドラッグ ちょっと化学構造を変えているだけで、体への影響は麻薬と同じ又はそれ以上です。

麻薬DOM(2.5-ジメトキシ-4メチルアンフェタン) 危険ドラッグDON(2.5-ジメトキシ-4ニトロアンフェタン)

危険ドラッグで事件・事故が起きています!

幻覚や異常な興奮状態におちいった結果、事故や犯罪を引き起こしてしまうケースが発生しています。ハーブ状の危険ドラッグを吸ったあとに車の運転をして歩行者をはねたり、吸ったあとに死亡する事件などが後を絶ちません。

用途を偽って売られています

危険ドラッグは、法の網をくぐりぬけるために「お香」「バスソルト」「ハーブ」「アロマ」など、一見しただけでは人体摂取用と思われないよう目的を偽装して販売されています。色や形状も様々で、粉末・液体・乾燥植物など、見た目ではわからないように巧妙に作られています。

デザインされたパッケージやカラフルな液体は、危険な薬物に見えないため、キレイ、かっこいいという印象を持ってしまいますが、中身は売っているほうもわからない恐ろしい薬物です。「合法」や「安全」という言葉を信用してはいけません。

お香として売られているドラッグの写真
「お香」の例
バスソルトとして売られているドラッグの写真
「バスソルト」の例
脱法ハーブの例の写真
「ハーブ」の例
アロマとして売られているドラッグの写真
「アロマ」の例

ハーブ状の危険ドラッグも麻薬・覚醒剤と同様、大変危険な薬物です

いわゆる「ハーブ状の危険ドラッグ」は、乾燥植物に、大麻に似た作用を持つ薬物(合成カンナビノイド)を混ぜ込んで造ったものです。大麻などの規制薬物よりも毒性が高い可能性があるほか、商品によって含有量が異なるため、体に及ぼす影響がわからず大変危険です。料理で使う「ハーブ」やポプリ(芳香剤)ではありませんので、だまされないようにしましょう。

こんな時はどうしたらいい?薬物の危険はすぐ近くに潜んでいます。

だまされないで!!

一人で悩まずすぐに相談しよう。

東京都には薬物相談の
専門家がいます。

メール、電話でお気軽にご相談ください。ご本人だけでなく、ご家族やお友達など、身近な方からのご相談も受け付けています。相談の内容によっては、適切な部署をご案内します。
※都外にお住まいの方は、お住まいの道府県薬務課にご相談ください。

都内にお住まいの方のメール相談

メールはこちら

※迷惑メール対策の設定をしていますと、そのままでは回答が届かない場合があります。メールの「ドメイン指定受信」で「section.metro.tokyo.jp」を指定してください。
 なお、情報セキュリティ対策のため、HTML形式のメール・添付ファイルがあるメールはお取り扱いできません。

都内にお住まいの方の電話相談

【危険ドラッグに関すること】

03-5320-4515(危険ドラッグ担当)

【大麻等の違法薬物に関すること】

03-5320-4505(麻薬対策担当)

あなたの秘密は守ります!!