食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホーム調査・統計データ食中毒の発生状況食中毒発生状況(確定値) バックナンバー令和3年 東京都食中毒発生状況(確定値)

食中毒発生状況(確定値) バックナンバー
 
令和3年 東京都食中毒発生状況(確定値)

令和3年 東京都食中毒発生状況(確定値)

令和3年の食中毒発生状況が確定いたしましたので、下記の通りお知らせします。

食品監視課食中毒調査担当


1 事件数

83 件
(昨年同期 114 件)


2 患者数

610 人
(昨年同期 3,359 人)


3 死者数

0 人
(昨年同期 0 人)


4 月別食中毒発生状況

(1)令和3年(2021年)の月別発生状況(確定値)

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 累計
件数
(単位:件)
4 7 16 4 2 5 5 5 6 12 9 8 83
患者数
(単位:人)
5 154 41 9 7 116 13 40 25 27 26 147 610

(2)令和2年(2020年)の月別発生状況(確定値)

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 累計
件数
(単位:件)
11 19 11 3 5 6 10 7 8 14 14 6 114
患者数
(単位:人)
66 250 64 5 75 9 28 2,558 16 143 130 15 3,359

(3)最近10年間の月別発生状況(平成23年から令和2年までの平均値)

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 累計
件数
(単位:件)
12.3 10.7 11.4 9.9 9.2 12.0 10.2 10.2 12.4 10.5 8.7 12.5 130.0
患者数
(単位:人)
271 237 136 179 86 111 56 364 96 90 94 218 1,937

四捨五入の関係で累計と1月から12月までの合計は一致しないことがある。

グラフ1−1 月別食中毒発生件数

グラフ1−2 月別食中毒患者数


5 病因物質別食中毒発生状況

                                            
  件数
(単位:件)
患者数
(単位:人)
構成比(%) 備  考
件数 患者数
合計 83 610 100.0 100.0
細 菌  黄色ブドウ球菌 3 30 3.6 4.9 弁当、飲食店の食事2件
腸管出血性大腸菌 2 7 2.4 1.1 牛ハラミ丼、飲食店の食事
ウエルシュ菌 4 250 4.8 41.0 給食2件、厚揚げ野菜のあんかけ煮、弁当
カンピロバクター 19 61 22.9 10.0 飲食店の食事7件、飲食店の食事(加熱不十分な鶏肉を含む。)2件、飲食店の食事(加熱不十分な焼き鳥を含む。)、飲食店の食事(鶏の低温調理品を含む。)、飲食店の食事(鶏刺しを含む。)、飲食店の食事(推定)、加熱不十分な鶏肉料理、会食料理(鶏料理を含む。)、会食料理(焼き鳥を含む。)、鶏刺し、焼き鳥、未加熱及び加熱不十分な鶏肉料理
セレウス菌 1 2 1.2 0.3 飲食店の食事
カンピロバクター及び
サルモネラ
1 5 1.2 0.8 生又は生に近い状態の鶏肉料理を含む食事
ウイルス     ノロウイルス 8 193 9.6 31.6 飲食店の食事3件、会食料理(寿司を含む。)、豆大福、鰻ちらしと豚しゃぶ弁当、寿司種・刺身、寿司
寄生虫  アニサキス 42 42 50.6 6.9 アジ・イワシを含む寿司、アジの刺身、イワシのたたき、イワシの刺身、お造り盛合せ(しめさば、タイ、カンパチ、マグロを含む。)、コース料理(鮮魚介類を含む。)、コース料理の冷前菜、サンマの刺身、しめさば7件、しめさば(自家製)2件、しめさばを含む鮮魚介類、ちらし寿司(鮮魚介類を含む。)、にぎり寿司(ホウボウ、サワラ、マダイ)、飲食店の食事(サバのカルパッチョを含む。)、飲食店の食事(刺身、寿司を含む。)、飲食店の食事(生食用鮮魚介類を含む。)2件、海鮮丼、刺身、刺身(しめさば、イカ等)、刺身・寿司、刺身5点盛り、刺身類(しめさばを含む。)、寿司2件、寿司(イワシを含む。)、寿司ランチコース(鮮魚介類を含む。)、生食用切身(イワシ、アジ)、生食用鮮魚介類(イワシの刺身)、生食用鮮魚介類を含む食事、生鮮魚介類、天然ブリ(刺身用)、白身3種盛り(キンメダイ、タイ、ヒラメ)、不明2件
化学物質  ヒスタミン  1 17 1.2 2.8 サンマの梅味噌焼き
次亜塩素酸ナトリウム 2 3 2.4 0.5 飲食店の飲料、漂白剤入りの酒類等

(注)構成比は末尾を四捨五入しているため、合計が100.0%とならない場合がある。

グラフ2−1 病因物質別食中毒発生件数



グラフ2−2 病因物質別食中毒患者数


6 原因食品別食中毒発生状況

   件数
(単位:件)
患者数
(単位:人)
構成比(%) 備         考
件数 患者数
合計  83 610 100.0 100.0
 魚

 その他 33 60 39.8 9.8 アジの刺身(寄ア)、イワシのたたき(寄ア)、イワシの刺身(寄ア)、お造り盛合せ(しめさば、タイ、カンパチ、マグロを含む。)(寄ア)、コース料理の冷前菜(寄ア)、サンマの刺身(寄ア)、サンマの梅味噌焼き(化学)、しめさば7件(寄ア7件)、しめさば(自家製)2件(寄ア2件)、しめさばを含む鮮魚介類(寄ア)、飲食店の食事(生食用鮮魚介類を含む。)2件(寄ア2件)、海鮮丼(寄ア)、刺身(寄ア)、刺身(しめさば、イカ等)(寄ア)、刺身5点盛り(寄ア)、刺身類(しめさばを含む。)(寄ア)、寿司種・刺身(NV)、生食用切身(イワシ、アジ)(寄ア)、生食用鮮魚介類(イワシの刺身)(寄ア)、生食用鮮魚介類を含む食事(寄ア)、生鮮魚介類(寄ア)、天然ブリ(刺身用)(寄ア)、白身3種盛り(キンメダイ、タイ、ヒラメ)(寄ア)、コース料理(鮮魚介類を含む。)(寄ア)、飲食店の食事(サバのカルパッチョを含む。)(寄ア)
魚介類/その他、
すし類 
3 3 3.6 0.5 アジ・イワシを含む寿司(寄ア)、飲食店の食事(刺身、寿司を含む。)(寄ア)、刺身・寿司(寄ア)
すし類  8 138 9.6 22.6  ちらし寿司(鮮魚介類を含む。)(寄ア)、にぎり寿司(ホウボウ、サワラ、マダイ)(寄ア)、会食料理(寿司を含む。)(NV)、寿司3件(寄ア2件、NV1件)、寿司(イワシを含む。)(寄ア)、寿司ランチコース(鮮魚介類を含む。)(寄ア)
肉類及びその加工品  5 18 6.0 3.0 飲食店の食事(EHEC)、加熱不十分な鶏肉料理(Camp)、鶏刺し(Camp)、焼き鳥(Camp)、未加熱及び加熱不十分な鶏肉料理(Camp)
菓子類  1 6 1.2 1.0  豆大福(NV)
複合調理食品  6 97 7.2 15.9 飲食店の食事(Camp)、鰻ちらしと豚しゃぶ弁当(NV)、牛ハラミ丼(EHEC)、厚揚げ野菜のあんかけ煮(C.p)、生又は生に近い状態の鶏肉料理を含む食事(Camp/Sal)、弁当(Sta)
その他  25 286 30.1 46.9 飲食店の食事12件(Camp6件,B.c1件,NV3件,Sta2件)、飲食店の食事(加熱不十分な鶏肉を含む。)2件(Camp2件)、飲食店の食事(加熱不十分な焼き鳥を含む。)(Camp)、飲食店の食事(鶏の低温調理品を含む。)(Camp)、飲食店の食事(鶏刺しを含む。)(Camp)、飲食店の食事(推定)(Camp)、会食料理(鶏料理を含む。)(Camp)、会食料理(焼き鳥を含む。)(Camp)、給食2件(C.p2件)、漂白剤入りの酒類等(化学)、弁当(C.p)、飲食店の飲料(化学)
不明  2 2 2.4 0.3 不2件(寄ア2件)

(注)構成比は末尾を四捨五入しているため、合計が100.0%とならない場合がある。

グラフ3−1 原因食品別食中毒発生件数


グラフ3−2 原因食品別食中毒患者数



7 責任の所在別食中毒発生状況

  件数
(単位:件)
患者数
(単位:人)
構成比(%) 備                考
件数 患者
合計 83 610 100.0 100.0
飲食店   一般 52 161 62.7 26.4 イワシのたたき(寄ア)、お造り盛合せ(しめさば、タイ、カンパチ、マグロを含む。)(寄ア)、コース料理の冷前菜(寄ア)、サンマの刺身(寄ア)、しめさば5件(寄ア5件)、しめさばを含む鮮魚介類(寄ア)、にぎり寿司(ホウボウ、サワラ、マダイ)(寄ア)、飲食店の食事12件(Camp7件、B.c1件、NV2件、Sta1件、EHEC1件)、飲食店の食事(サバのカルパッチョを含む。)(寄ア)、飲食店の食事(加熱不十分な鶏肉を含む。)2件(Camp2件)、飲食店の食事(加熱不十分な焼き鳥を含む。)(Camp)、飲食店の食事(鶏の低温調理品を含む。)(Camp)、飲食店の食事(鶏刺しを含む。)(Camp)、飲食店の食事(推定)(Camp)、飲食店の食事(生食用鮮魚介類を含む。)2件(寄ア2件)、加熱不十分な鶏肉料理(Camp)、会食料理(寿司を含む。)(NV)、会食料理(鶏料理を含む。)(Camp)、会食料理(焼き鳥を含む。)(Camp)、海鮮丼(寄ア)、牛ハラミ丼(EHEC)、鶏刺し(Camp)、刺身(寄ア)、刺身5点盛り(寄ア)、刺身類(しめさばを含む。)(寄ア)、寿司(イワシを含む。)(寄ア)、寿司ランチコース(鮮魚介類を含む。)(寄ア)、焼き鳥(Camp)、生食用鮮魚介類を含む食事(寄ア)、生又は生に近い状態の鶏肉料理を含む食事(Camp/Sal)、白身3種盛り(キンメダイ、タイ、ヒラメ)(寄ア)、漂白剤入りの酒類等(化学)、弁当(C.p)、未加熱及び加熱不十分な鶏肉料理(Camp)、飲食店の飲料(化学)
すし 10 138 12.0 22.6 アジ・イワシを含む寿司(寄ア)、コース料理(鮮魚介類を含む。)(寄ア)、ちらし寿司(鮮魚介類を含む。)(寄ア)、飲食店の食事(NV)、飲食店の食事(刺身、寿司を含む。)(寄ア)、刺身・寿司(寄ア)、寿司3件(寄ア2件、NV1件)、寿司種・刺身(NV)
仕出し 2 49 2.4 8.0 鰻ちらしと豚しゃぶ弁当(NV)、弁当(Sta)
そうざい 1 1 1.2 0.2 しめさば(寄ア)
自動車  1 5 1.2 0.8 飲食店の食事(Sta)
集団給食   要許可 2 149 2.4 24.4 給食(C.p)、厚揚げ野菜のあんかけ煮(C.p)
 届出 2 89 2.4 14.6 サンマの梅味噌焼き(化学)、給食(C.p)
魚介類販売業  5 5 6.0 0.8 アジの刺身(寄ア)、イワシの刺身(寄ア)、生食用切身(イワシ、アジ)(寄ア)、生食用鮮魚介類(イワシの刺身)(寄ア)、天然ブリ(刺身用)(寄ア)
 菓子製造業 1 6 1.2 1.0 豆大福(NV)
家庭 4 4 4.8 0.7 しめさば(寄ア)、しめさば(自家製)2件(寄ア2件)、刺身(しめさば、イカ等)(寄ア)
不明 3 3 3.6 0.5 生鮮魚介類(寄ア)、不2件(寄ア2件)

(注)構成比は末尾を四捨五入しているため、合計が100.0%とならない場合がある。

グラフ4−1 責任の所在別食中毒発生件数

グラフ4−2 責任の所在別食中毒患者数



【表にある略号等は以下のとおり】
(注) NV(ノロウイルス)、Sal(サルモネラ)、B.c(セレウス菌)、Sta(黄色ブドウ球菌)、EHEC(腸管出血性大腸菌)、C.p(ウエルシュ菌)、Camp(カンピロバクター)、寄ア(アニサキス)、化学(化学物質)、不(不明)

▲このページのトップへ


▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全部 食品監視課 食中毒調査担当が管理しています。


▲このページのトップへ