MENU

ホーム »  リスクコミュニケーション »  食の安全都民フォーラム 開催状況 »  第25回食の安全都民フォーラム

第25回食の安全都民フォーラム

 東京都では、都民、事業者及び行政担当者が、食の安全に関する情報を共有し、考える場として、毎年「食の安全都民フォーラム」を開催しています。
 今回は、新しい食品表示制度について学び、消費者、企業、行政の様々な視点から考え、理解を深めました。

テーマ

「新しい食品表示制度について考える」〜どう変わる?食品表示〜

開催日時

平成27年2月20日(金曜日)午後1時30分から午後4時30分まで

開催場所

東京都庁 都議会議事堂1階 都民ホール

内容

第1部 食の安全調査隊 活動報告

都が募集した食の安全に関心のある都民50名。今年度実施した4回の活動では食品衛生について学び、食の安全に関する理解を深めました。フォーラムのテーマは調査隊へのアンケートを参考に決定しました。


第2部 基調講演

  • 「食品表示法と表示基準について」
    講師:消費者庁食品表示企画課担当官
  • 「食品表示に対する東京都の取組」
    講師:内田 忍(東京都福祉保健局健康安全部食品監視課課務担当係長)

第3部 パネルディスカッション「新しい食品表示制度について考える」

  • パネリスト
    石川 直基 氏(弁護士、消費者委員会食品表示部会委員)
    板倉 ゆか子氏(消費生活アナリスト、消費者委員会食品表示部会委員)
    有馬 大輔 氏(ハウス食品グループ本社兜i質保証統括部チームマネージャー)
    平 公崇(東京都健康安全部食品監視課 統括課長代理)
  • 司会進行
    内田 忍(東京都福祉保健局健康安全部食品監視課課務担当係長)

    新しい食品表示制度について、それぞれの視点から意見交換しました。


このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ