このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都南多摩保健所 の中の 業務内容から探す の中の 環境衛生・生活衛生 の中の 社会福祉施設等におけるレジオネラ症防止対策 のページです。

本文ここから

社会福祉施設等におけるレジオネラ症防止対策

必要な管理について

東京都ではレジオネラ属菌の増殖しやすい、循環型浴槽等を設置している社会福祉施設等(社会福祉施設、有料老人ホーム)に対して、レジオネラ症防止対策のため、自主管理を徹底するように指導しています。
社会福祉施設等におけるレジオネラ症予防対策衛生管理指針を参考に点検・管理を行ってください。

また、以下のページに社会福祉施設等におけるレジオネラ症予防対策(改定版)のパンフレットが掲載されています。

社会福祉施設等のレジオネラ症予防対策(東京都福祉保健局)

なお、浴槽等の設備構造や管理方法について御不明な点などありましたら、保健所にご相談ください。

自主管理点検票の記載と提出について

南多摩保健所では、社会福祉施設等における循環式浴槽等の自主管理の推進を図るため、自主管理点検票の記載と保健所への提出をお願いしています。
様式は、以下よりダウンロードしてご利用ください。

自主管理点検票の提出について

対象施設

南多摩保健所管内(日野市、多摩市及び稲城市)において循環型浴槽、循環型機械浴槽及び循環給湯シャワーのいずれかの設備を持つ社会福祉施設及び有料老人ホーム

提出する書類

  1. 「循環型浴槽等及び循環給湯シャワーの自主管理点検票」
  2. 「報告対象期間に実施したレジオネラ属菌の水質検査結果書の写し」

なお、自主管理点検票には毎年、1月から12月分までの結果を記載し提出してください。

報告期限

毎年1月31日

提出方法

以下のいずれかの方法で提出してください。

電子メールで提出

南多摩保健所生活環境安全課環境衛生担当宛にお送りください。なお件名は、循環型浴槽等及び循環給湯シャワー自主管理点検票提出としてください。
送付先メールアドレスS0200162@section.metro.tokyo.jp

郵送で提出

以下の宛先に送付してください。
〒206-0025
多摩市永山2-1-5
東京都南多摩保健所生活環境安全課環境衛生担当宛

ファクシミリで提出

以下にファクシミリで送付してください。
ファックス 042-375-6697

こんな時は保健所へご相談ください

以下に当てはまる場合には保健所へご相談ください。

  • レジオネラ属菌の検査で、レジオネラ属菌が検出(10シーエフユー/100ミリリットル以上)された場合
  • 設備等が変更となった場合(設備を追加した、設備を撤去した等)

レジオネラ症防止対策講習会について

南多摩保健所では、レジオネラ症防止のため毎年、講習会を開催しています。
令和3年度については、こちらをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩保健所 生活環境安全課 環境衛生担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。