このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

東京都待機児童対策協議会におけるKPI

○KPIの概要

国は、令和元年度から待機児童対策協議会において、成果指標(KPI)を設定し、その達成状況を「見える化」することを要件として、より強力に待機児童対策に取り組む自治体への支援を開始しました。
これを踏まえ、東京都待機児童対策協議会では、保育の受け皿整備の推進及び保育人材の確保に関するKPIをそれぞれ設定しています。

東京都待機児童対策協議会におけるKPI

・保育の受け皿整備の推進:利用定員数・待機児童数等
・保育人材の確保:キャリアアップ研修の受講促進や区市町村における実施回数、受講者数等

○各自治体のKPI

国の支援策を活用する自治体等のKPI及びその達成状況を「見える化」するため、以下のとおり公表しております。

令和3年度

令和2年度(達成状況)

※令和3年11月更新
※PDFファイルによる情報提供を行っております。PDFファイルによる入手が困難な場合は、以下お問い合わせ先までご連絡ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 少子社会対策部 保育支援課 保育計画担当(03-5320-4178) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。