このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

学校運営評価結果

学校評価とは

 学校評価とは、都立看護専門学校が、学校活動全般について評価を行い、その結果に基づいて自己改革を行うとともに、教育の質の向上を図り、学校の設置目的を達成するために行うものです。
 学校評価は「自己評価」と「学校関係者評価」で構成されています。また、学校評価の「自己評価」については、教育機関としての機能を包括的に評価する「学校運営評価」と、教育方法・内容を教員と学生がそれぞれ評価する「授業評価」とがあります。

学校運営評価

 学校運営評価は、毎年、中間評価(10月)と最終評価(2月)を、全教職員により、8領域42項目について、「5 よい」、「4 ややよい」、「3 普通」、「2 やや不十分」、「1 不十分」の5段階評価で行っています。

平成31年度学校運営評価の結果

評価項目と評価点
評価領域 項目数 主な評価内容 平成31年度の結果
1 学校経営 4 学校の組織運営、祖式目標について 3.5
2 教育課程・教育活動 12 教育目標・教育内容・授業や実習について、評価について、学生による授業・実習評価の活用 等 4.0
3 入学・卒業対策 5 入学希望者への対応、国家試験対策、卒業生への支援 4.0
4 学生生活への支援 4 就職や進学への支援、経済的支援、健康管理 3.8
5 管理運営・財政 4 個人情報管理、災害への備え、予算執行 3.8
6 施設設備 5 学校の建物、設備、バリアフリーへの配慮 3.0
7 教職員の育成 6 研修の実施、学会派遣、教員相互の授業参観 等 3.2
8 広報・地域活動 2 広報、近隣自治体や病院との連携 3.5
平均     3.6

グラフ 平成31年度学校運営評価結果

 全体的にバランスが取れた評価結果となっており、「教育課程・教育活動」、「入学・卒業対策」や「学生生活への支援」では、充実した取り組みが行われ、高い評価となっています。また、「施設設備」については、校舎等の築年数も経過し建て替えも予定されているため、全体の中では低い傾向にありますが、学習環境向上のための対策を計画的に進めています。

1 学校経営

中間評価の結果を周知し、改善に取り組むとともに、最終評価の結果を次年度の計画に反映しています。

2 教育課程・教育活動

期待される卒業生像を教育課程に示し、到達状況については、会議等で分析するほか、卒業時技術習得状況の分析を実施しています。また、カテゴリーを越えて教員間で授業・実習指導参観を実施し、指導に反映させているなど、様々な取り組みを行っています。 

3 入学・卒業対策

入学生確保対策は、高校へのPRを積極的に行っています。国家試験対策は、個別指導も実施し、合格率100%でした。 

4 学生生活への支援

就職をはじめ、カウンセリングや健康相談体制などを整え支援を行っています。

5 管理運営・財政

個人情報保護対策の徹底、全学生に防犯講習・交通安全講習を実施するほか、職員による校内巡回を行い、対策を行っています。

6 施設設備

緊急性に応じて、修繕や備品整備を行っています。

7 教職員の育成

職場の課題を取り上げた職場内研修を実施し、他の都立看学や都立以外の看学からも多数の参加がありました。

8 広報・地域活動

ホームページの更新によりタイムリーに学校生活の様子を発信しています。

お問い合わせ

このページの担当は 広尾看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。