ページの先頭です

「日本版BPSDケアプログラム」アドミニストレーター研修

「日本版BPSDケアプログラム」アドミニストレーター研修

 東京都では、公益財団法人東京都医学総合研究所と協働して開発した、認知症の行動・心理症状(BPSD)の改善が期待される「日本版BPSDケアプログラム」(以下「ケアプログラム」という。)の普及により、認知症ケアの質の向上に取り組んでいます。
 このケアプログラムは、介護サービス事業所や地域において、認知症ケア質の向上のための取組を推進する人材を養成するとともに、BPSDの症状を「見える化」するオンラインシステムを活用し、ケアに関わる担当者の情報共有や一貫したケアの提供をサポートするものです。 アドミニストレーター研修は、介護サービス事業所等において、オンラインシステムを活用したケアを実践する「アドミニストレーター」を養成する研修です。

  • 日本版BPSDケアプログラムについてはこちらを御覧ください。

目的

介護サービス事業所等の職員が、ケアプログラムを実践するための「アドミニストレーター」として、必要な知識及び技術を習得する。

日時・定員等

(1)形式
  eラーニング研修(標準所要時間4時間)
(2)開講期間
  令和4年11月1日(火曜日)から令和4年12月2日(金曜日)
(3)定員
  10名程度
  ※申込み多数の場合は、地域のバランス等を考慮の上、受講者を決定します。
(4)費用
  無料

対象者

下記の3条件を全て満たす介護サービス事業所及び介護保険施設等の職員
  1. 東京都内に所在する事業所等であること。
  2. 令和4年7月1日時点でケアプログラムを利用していない区市町村に所在する事業所等であること。
  3. ケアプログラムを利用している区市町村に所在する場合は、区市町村が実施するアドミニストレーター研修をご受講ください。
    利用している区市町村一覧は、こちらをご確認下さい。
  4. アドミニストレーター研修終了後、下記日程で実施するフォローアップ研修に参加できる者であること。
  5. <フォローアップ研修日程(全2日間・ZOOMによるオンライン形式)>
     1日目:令和4年12月14日(水曜日)午後2時から午後4時まで
     2日目:令和5年2月3日(金曜日)午後2時から午後4時まで
    ※グループワークがあるため、カメラ・マイクを必ずご用意ください。

申込方法

以下の参加申込フォームから、【10月18日(火曜日)】までにお申し込みください。
「参加申込フォーム」

受講決定

受講決定者には、10月25日(火曜日)までに、メールによりお知らせします。

お問い合わせ先

東京都福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課認知症支援担当 TEL 03-5320-4277

adobeReader

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Systemsのサイトから無料でダウンロードできますのでご利用ください。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。