ページの先頭です

東京都認知症介護研修の概要

東京都認知症介護研修の概要

東京都では、介護実務者及びその指導的立場にある者を対象に、認知症介護の技術の向上を図り、認知症介護の専門職員を養成する研修を次のとおり実施しています。

各研修の詳細な概要については、こちらのページをご覧ください。

なお、各研修の受講要件については、下記の表のとおりです。

研修名 対象者・主な受講要件
介護保険施設・事業所※1に従事する介護職員
介護保険施設・事業所※1に従事する介護職員で、以下の要件を全て満たす者
  • 介護福祉士と同等程度の知識を有する
  • 認知症介護の経験を2年程度以上有する
  • 施設・事業所のチームリーダーの立場にある
介護保険施設・事業所※1に従事する介護職員で、以下の要件を全て満たす者
  • 実践者研修を修了し1年以上経過している
  • 認知症介護の経験を5年以上有する
  • 施設・事業所のチームリーダーの立場にあるか、それらを指導する立場にある
  • 地域において認知症支援の向上について役割を担う
認知症対応型サービス事業所の管理者
小規模多機能型居宅介護事業所及び看護小規模多機能型居宅介護事業所の計画作成担当者
認知症対応型サービス事業所(認知症対応型通所介護を除く)の代表者
以下の要件を全て満たす者
  • 実践リーダー研修を修了している
  • 社会福祉士、介護福祉士等の資格を有する
  • 介護保険施設・事業所に従事している等で認知症介護の経験を5年以上有する
  • 研修の企画・立案に参画し、講師として従事する
  • 地域ケアを推進する役割を担う
  • ※1居宅介護支援事業所を除く
  • 地域密着型サービスの指定基準により修了が義務付けられている研修については、こちらにまとめています。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。