ページの先頭です

令和3年度「若年性認知症の本人の通いの場をつくるガイドブック」
事業所向け説明会

令和3年度の事業所向け説明会は終了しました。
令和4年度の開催予定は、決定後掲載いたします。

令和3年度「若年性認知症の本人の通いの場をつくるガイドブック」事業所向け説明会(オンライン)のご案内

概要

65歳未満で発症する「若年性認知症」は、働き盛り世代で発症することから、仕事、経済、家事、子どもの養育、親の介護、社会とのつながりなど、 現役世代ならではの生活課題に直面することが少なくありません。

若年性認知症の本人や家族の中には、社会の中で孤立し、将来に対して強い不安を感じられている方も数多くいらっしゃいます。
また介護保険サービスや障害福祉サービスは若年性認知症の本人も利用できますが、高齢者や障害者が利用者の中心となっているため、 若年性認知症の人には、一般的なサービスメニューが馴染みにくい面があります。


令和元年度に東京都で作成した「若年性認知症の本人の通いの場をつくるガイドブック」は、若年性認知症の利用者を支援し、 積極的な取組みや創意工夫をしている介護保険サービスや障害福祉サービスの事業所等に調査にご協力をいただき、 「若年性認知症の本人の通いの場」をつくるための実践ポイント等についてとりまとめたものです。

本説明会では、介護保険サービス事業所や障害福祉サービス事業所等の皆様に、若年性認知症の人への正しい知識をお伝えし、 若年性認知症の本人の居場所づくりのポイントや実践事例を解説します。

この説明会を通じて、皆様の事業所において、居場所づくりの取組みが進むきっかけとなれば幸いです。

    

日時

令和4年2月2日(水曜日)午後3時から午後4時30分まで
※オンライン(ライブ配信)で開催

対象

介護サービス及び障害福祉サービス事業者、行政職員、若年性認知症支援に関わる方

定員

250人 
※参加費無料・要事前申込
※申込多数の場合は、都内在勤の方を優先します。

視聴方法等につきましては後日、申込フォームに記載いただいたメールアドレス宛に電子メールにてお知らせいたします。

内容

内  容 講  師
次第1 講 義 「若年性認知症の原因疾患と支援の考え方」 東京都健康長寿医療センター 研究所
副所長 粟田 主一 氏
次第2 講 義 「若年性認知症の本人の通いの場をつくる実践ポイント」
次第3 実践事例 「食べたいものを食べ、働きたい者が働ける世代を超えた居場所」
DAYS BLG!
特定非営利活動法人 町田市つながりの開
DAYS BLG! 
理事長 前田 隆行 氏

テキスト「若年性認知症の本人の通いの場をつくるガイドブック」

内容に関するお問い合わせ

東京都福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課
TEL:03-5320-4276
FAX:03-5388-1395

adobeReader

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Systemsのサイトから無料でダウンロードできますのでご利用ください。