このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

療養期間の考え方について

(1)有症状者(人工呼吸器等による治療を行った場合を除く)

ア) 入院している者(高齢者施設に入所している者を含む) )※従来から変更なし

発症日を0日として10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合に11日目から解除が可能となります。 10日目で症状が軽快していない場合、その後症状軽快後、72時間経過した場合に解除が可能になります。

イ) ア以外の者

発症日を0日として7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合には、8日目から解除が可能となります。
7日目で症状が軽快していない場合 、症状軽快時から、24時間経過した場合に解除が可能になります。

※ただし、10日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温などの自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等の自主的な感染予防行動を徹底していただくようお願いいたします。

(2)無症状者(無症状病原体保有者)

ア) 検体採取日を0日として 7 日間を経過した場合には8日目に療養解除を可能となります。 (従来から変更なし)
イ) アに加え、 5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)に待機解除が可能となります。また、6日目の検査で陰性を確認した場合は同日(検査結果確認後)に待機解除が可能です。

※ただし、7日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温などの自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等の自主的な感染予防行動を徹底していただくようお願いいたします。

療養期間図
療養期間図(例)

お問い合わせ

このページの担当は 多摩立川保健所 保健対策課 感染症担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。