このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都多摩立川保健所 の中の 感染症に関すること の中の 新型コロナウイルス感染症に関すること の中の 療養期間を示す書類の発行について(令和4年9月25日までに医療機関で新型コロナウイルス感染症と診断された方) のページです。

本文ここから

療養期間を示す書類の発行について(令和4年9月25日までに医療機関で新型コロナウイルス感染症と診断された方)

1 療養証明(「新型コロナウイルス感染症に係る療養について」)の発行について

令和4年4月27日から、MY HER-SYS(マイハーシス)から療養証明書を取得することができるようになりました。(令和4年4月27日以前に療養していた方も対象です。)( https://www.cov19.mhlw.go.jp/
ログインIDは、保健所から新型コロナウイルス感染症に感染した方にお送りしたショートメッセージに記載しています。療養の期間が10日以内であれば、保険会社への入院給付金の請求には、MY HER-SYSで表示される証明書の利用が可能とされているのでご活用ください。

(参考)東京都福祉保健局「療養証明書が必要な方へ」

(参考)厚生労働省事務連絡
MY HER-SYSから取得できない方、MY HER-SYSで表示される証明書が利用できない方は、「療養期間を示す書類の発行について」から申請してください。
※疑似症(みなし陽性)の方は、MY HER-SYSから療養証明書を取得することができません。「療養期間を示す書類の発行について」から多摩立川保健所まで申請してください。

2 療養証明(「新型コロナウイルス感染症に係る療養について」)の発行申請

多摩立川保健所において対応した新型コロナウイルス感染症患者の方で、療養を終了した方には、希望者に療養証明(「新型コロナウイルス感染症に係る療養について」)を発行します。

なお、保健所で療養証明書を発行できるのは、医療機関で陽性の診断を受けた方(医療機関から発生届があった方)のみとなっております。検査キット・検査センター等で陽性になられても、医療機関で診断を受けていない場合は、証明書を発行することができません

また、濃厚接触者の方には、証明書等の発行はしておりません。

療養証明(「新型コロナウイルス感染症に係る療養について」)に記載されている内容

  1. 療養された方の氏名及び生年月日
  2. 傷病名(新型コロナウイルス(COVID-19)感染症)
  3. 医師からの届出に基づく診断年月日
  4. 療養終了日(必要な場合のみ記載※

※生命保険協会及び日本損害保険協会では、宿泊療養または自宅療養の期間が、厚生労働省の療養解除基準に準じた期間(例:無症状であれば7日間、有症状であれば10日間)の範囲内であれば、宿泊療養又は自宅療養の開始日の証明に基づき支払いを行い、宿泊療養又は自宅療養の終了日の証明は求めないような取り扱いを行っています。このため、宿泊療養又は自宅療養の期間が10日以内である場合には、「療養終了日」の記載を省略することがございます

申請方法

療養終了後に、(1)下記申請書と宛名を書いた(2)返信用封筒切手不要※・A4三つ折りサイズのもの(長形3号))を多摩立川保健所あてにお送りください。
上記(1)、(2)をお送りいただく保健所宛ての封筒には切手が必要です。(返信用封筒には切手は不要です。)
申し込みから、1か月程度お時間をいただいております。


 上記申請書によらない場合は、下記事項を記載したものを送付してください。 

  • 申請者氏名(療養を受けた方との続柄)、住所、電話番号
  • 療養を受けた方の氏名
  • 療養を受けた方の療養当時の住所
    立川市、昭島市、国分寺市、国立市、東大和市、武蔵村山市で療養されていた方が対象です。)
  • 療養を受けた方の生年月日
  • HER-SYS ID(※わかる方のみ記入)
  • 療養していた時期
  • 療養期間について、療養期間を延長された方は、療養終了日を記載してください。

申請は、療養を受けた方ご本人、または、ご本人が未成年者の場合はその保護者が行ってください。
保健所が把握する情報と異なる場合は照会させていただくことがあります。
療養期間は保健所が把握している期間での発行となるため、ご記載いただいた期間と相違がある場合がございます。
 

申請書送付先

郵便番号 190-0023
東京都立川市柴崎町2-21-19
東京都多摩立川保健所 保健対策担当(文書発行担当) 宛

ご留意いただく点

  • 入院された方には、入院勧告書を送付いたします(申請不要※)。
    ※入院した場合の医療費公費負担の申請については、本ページの下段「入院した場合の医療費公費負担の申請」をご覧ください。
    宿泊療養期間のみの証明については、施設退所の際に渡されるご案内をご覧ください。保健所では発行しておりません
  • 生命保険等の請求は、送付した書類により行ってください。保険会社所定様式への証明は行っておりません。
  • 再発行はできませんので、必要に応じて写しをとってお手元に残してください。
  • 診断、健康観察を行った医療機関での療養証明を希望される方は、直接医療機関にご相談ください。

入院した場合の医療費公費負担の申請

新型コロナウイルス感染症により、医療機関へ入院した場合は、保健所に医療費公費負担の申請を行う必要があります。

  • 該当の方々には、ご本人の申し出がなくても、保健所から案内・申請書等を順次郵送しています。
  • お送りする案内・申請書等をご覧いただき、保健所が同封する返信用封筒にて、必要書類を送付いただきますようお願いいたします。

 
 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 多摩立川保健所 保健対策課 感染症対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。