このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

感染症週報 

八丈出張所管内(八丈町及び青ヶ島村)の感染症流行情報

第2週(1月10日から1月16日)の流行状況

第2週(1/10~1/16) 八丈管内 発生はありませんでした。(青ヶ島0件)

【東京都全体の状況(東京都感染症情報センター)】
第1週(1月3日~1月9日)について
ツツガムシ病の報告が1件ありました。

<ツツガムシ病について>
発生状況:日本国内では、房総半島、伊豆諸島、東海、九州など全国的に発生しています。
     海外では東南アジアやオセアニア諸国に本性が流行していることが知られています。
感染経路:ツツガムシ病リケッチアを有するダニ幼虫のヒトへの刺咬により経皮感染します。
     ダニ幼虫が吸着し数時間の間にヒトへ感染します
臨床症状:発熱、刺し口、発疹は主要3徴候とよばれ、およそ90%以上の患者にみられます。
     そのほか、患者の多くには倦怠感や頭痛の症状も現れます。
拡大防止:感染者が多くみられる山野については、必要な場合以外には立ち入らない。
     やむを得ず山野に入る際には、肌の露出を少なくし、防虫剤を適宜使用しましょう。
     皮膚に付着したダニは潰さないように注意して直ちに取り除きましょう。

★今月のトピックス★

<感染性胃腸炎(ノロウイルス)について>
発生状況:秋口から春先に発症者が多くなる冬型の胃腸炎です。
     原因ウイルスとしてノロウイルスが知られています。
     保育園、福祉施設、医療機関等における集団発生の原因となります。
感染経路:主に経口感染(食品、糞口)します。
     感染者の糞便・吐物やこれらに汚染された物品類、
     そして食中毒としての食品類が感染源の代表的なものとしてあげられます。
臨床症状:嘔気、嘔吐、下痢が主症状ですが、
     腹痛、頭痛、発熱、悪寒、筋痛、咽頭痛、倦怠感などを伴うこともあります。
     特別な治療をしなくても軽快しますが、乳幼児や高齢者およびその他、
     体力の弱っている者での嘔吐、下痢による脱水や窒息には注意をする必要があります。
拡大防止:吐物や糞便はエアロゾル化して感染を拡大させる可能性があります。
     ウイルスは、症状が消失した後も3~7日間ほど患者の便中に排出されるため、
     2次感染に注意が必要です。
     身近な感染防止策として手洗いの励行は重要です。
     また吐物など、ウイルスを含む汚染物の処理をする際には、
     アルコールは効果がないため、次亜塩素酸ナトリウムなどで消毒を行う必要があります。

<インフルエンザについて>
発生状況:インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型と呼ばれる3つの型があり、
     その年によって流行するウイルスが違います。
     A型とB型の感染力はとても強く、日本では毎年約1千万人が感染しています。
感染経路:主に飛沫感染します。患者の鼻汁などによって間接的に接触等により感染することもあります。
     一般的には学童期の小児が最も罹患しやすいです。
臨床症状:38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が
     比較的急速に現れるのが特徴です。
     併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。
     子供ではまれに急性脳症を、高齢の方や免疫力の低下している方では二次性の肺炎を伴う等、
     重症になることがあります。
拡大防止:予防としては、人込みを避けること、外出時のマスクの着用、
     外出後のうがいや手洗いを励行することなどが挙げられます。
     またワクチン接種も重要な感染予防の方法になります。

過去の感染症週報

咳エチケット

インフルエンザをはじめとして、咳やくしゃみの飛沫により感染する感染症は数多くあります。 「咳エチケット」は、これらの感染症を他人に感染させないために、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることです。
特に電車や職場、学校など人が集まるところで実践することが重要です。
啓発ポスターのリンクは下記になります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 咳エチケット

東京都全体の感染症流行情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都感染症週報(東京都感染症情報センター)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 島しょ保健所八丈出張所 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。