このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

多摩総合精神保健福祉センターの精神科デイケア

当センターの精神科デイケア・ショートケアはこのような方が利用しています

ひきこもりの生活を変えたい、生活リズムを取り戻したい、進学したい、復学したい、働きだしたい、自立したい、病気の再発を防いで復職した後も安定して働きたい、退職してからブランクがあるので復職に不安がある、コミュニケーションに自信がない

デイケア・ショートケアの活動内容(概要)

精神科デイケア・ショートケアは、精神科の外来治療のひとつです。
集団での活動を通じて、生活リズムの改善、病状の安定、就学や就労へのステップアップ等、社会生活の充実を目指します。
当センターのデイケアは、思春期・青年期にある統合失調症、気分障害、発達障害等の精神障害をお持ちの方を対象に、基本プログラムと選択プログラムの中から担当職員と相談しながら、目標や課題に合わせて利用することができます。

当センターデイケアの特徴

個別担当制

おひとりおひとりに、当センターの精神科医と職員の個別担当がつき、目標設定やリハビリテーションに伴う心理面、医療面でのご相談をさせていただいています。

サポートプラン

おひとりおひとりの目標に向け、ご本人とともにプランを作ります。
長所や活動能力を伸ばす視点(ストレングスモデル)を重視し、ご本人の主体性を大切にする治療と支援の継続を目指します。

リカバリー(回復)の支援

病気の回復のみでなく、心理的回復についても自己理解と支援が大切と考えています。
各種の心理教育プログラムがご利用できます。

就労支援、機関連携

多摩地域の就労支援機関(ハローワーク、障害者職業センター、市町村等の就労支援センター、福祉的就労支援施設など)と連携し、就労に向けての多様なご相談に対応します。

アフターケア

利用終了後のアフターケア期間が1年間あり、社会生活のための支援とご相談を、利用終了後も継続しています。

思春期・青年期デイケア リーフレット

デイケアリーフレット表紙

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 多摩総合精神保健福祉センター 生活訓練科  です。

本文ここまで


以下 奥付けです。