このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都多摩小平保健所 の中の トピックス の中の 熱中症に注意!ー感染症予防と熱中症予防の両立ー のページです。

本文ここから

熱中症に注意!ー感染症予防と熱中症予防の両立ー

今年も、暑い季節がやってきました。

多摩小平保健所では、熱中症予防のためのリーフレットを作成しました。

感染症予防と熱中症予防を両立させて、暑い夏を元気に過ごしましょう!

熱中症予防対策リーフレット 1ページ目

熱中症予防対策リーフレット 2ページ目

熱中症とは

多摩小平保健所オリジナルキャラクターますくま

熱中症とは、高温多湿な環境の中で体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整機能がうまく働かず、体内に熱がこもった状態のことです。
暑さを避け、こまめに水分を補給し、大量に発汗するときは塩分等も補給するなどの対策をとることで、熱中症を予防することができます。
正しい知識で熱中症を予防しましょう!

新型コロナウイルス感染予防と熱中症予防の両立のポイント

新型コロナウイルス感染症対策として、「身体的距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い」や、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等を取り入れることが求められています。
十分な感染症対策を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心がけるようにしましょう。

・気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなる恐れがあります。
 屋外で人と十分な距離(少なくとも2メートル以上)が確保できる場合には熱中症のリスクを考慮し、マスクを外すようにしましょう。

・マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが乾いていなくてもこまめに水分補給をしましょう。

房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。
この場合、室内温度が高くなるので、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

日頃の体温測定、健康チェックは新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症予防にも有効です。
体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

・3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者への目配り、声掛けをするようにしましょう。

熱中症対策に関する情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。環境省 熱中症予防情報サイト

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 熱中症関連情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京消防庁 夏本番前から熱中症予防対策を!!

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。スポーツ庁 新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 多摩小平保健所 企画調整課 企画調整担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。