このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都多摩府中保健所 の中の 広報誌など の中の 保健所だより の中の 保健所だより第64号 新しい歯科保健目標ができました のページです。

本文ここから

保健所だより第64号 新しい歯科保健目標ができました

保健所mだよりタイトル

 東京都では、これまで「西暦2010年歯科保健目標」の達成のための対策を講じてきました。
 その達成度調査の結果を踏まえて、平成23年1月、これからの歯科保健目標が福祉保健局から発表されました。
 新しい歯科保健目標は、 
「いい歯(は)東京(とうきょう)」といいます。
 みなさまに親しんで、覚えていただけるように、短くわかりやすい名称になりました。
 平成23年度から平成27年度までの5年間の目標です。「いい歯東京」を、どうぞよろしくお願いいたします。

「いい歯東京」は、ライフステージを4つに区分し、区分ごとに健康づくりのテーマを設定しました。

乳幼児期

画像 乳幼児期

【健康づくりのテーマ】

  • 乳歯のう蝕(むし歯)予防
  • 子育て支援
  • 食育

学齢期

図 学齢期

【健康づくりのテーマ】

  • 永久歯のう蝕(むし歯)予防
  • 歯周疾患の予防
  • 食べる機能の健やかな発達

成人期

図 成人期

【健康づくりのテーマ】

  • 8020の普及
  • 歯周疾患の予防
  • 歯の喪失の抑制

高齢期

図  高齢期

【健康づくりのテーマ】

  • 歯と口腔の満足度の向上
  • 8020の実現

「いい歯東京」は、区分ごとのテーマに合わせ、「都民の健康」と「都民の知識と行動」の個別目標を設定しました。

《目標》
区分 都民の健康 都民の知識と行動
乳幼児期 う蝕のない者の割合(3歳)       85.0% フッ化物配合歯磨剤を使用している者の割合     70%以上
甘味飲料をほぼ毎日飲む者の割合 20%以下
週に1回以上、子供の歯と口腔を観察している保護者の割合 90%以上
かかりつけ歯科医を持つ者の割合 60%以上 
学齢期 一人平均う歯数(12歳)       1 歯以下
歯肉に炎症所見のある者の割合    減らす 
ほぼ毎日、1本ずつ丁寧に歯を磨く者の割合      増やす
かかりつけ歯科医を持つ者の割合 90%以上
ゆっくりよく噛んで食べるようにする者の割合(9歳)  増やす
成人期 進行した歯周病に罹っている者の割合(40歳)
      18%以下

24歯以上有する者の割合(60歳) 70%以上
8020を知っている者の割合(20歳以上)       増やす
糖尿病・喫煙が歯周病のリスクであることを知っている者の割合(20歳以上)     増やす
週に1回以上、フロスや歯間ブラシを使用している者の割合(40歳)   80%以上
かかりつけ歯科医で定期健診又は予防処置を受けている者の割合(40歳)      70%以上
高齢期 歯・口の状態についてほぼ満足している者の割合(80歳以上) 増やす

8020の達成者の割合(80歳)   50%以上
口腔ケアが誤嚥性肺炎を予防することを知っている割合(20歳以上)   増やす
よく噛む(一口30回程度)ようにしている者の割合(65歳)     増やす             
在宅療養者の摂食・嚥下障害に関して、医師・歯科医師等と連携している訪問看護ステーションの割合      増やす

 多摩府中保健所では、「いい歯東京」の目標達成のための対策を検討、実践・展開していきます。

お問い合わせ

このページの担当は 多摩府中保健所 企画調整課 保健医療担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

保健所だより

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。