このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都多摩府中保健所 の中の 広報誌など の中の 保健所だより の中の 保健所だより第48号 東京都で「インフルエンザ流行注意報」発令中 のページです。

本文ここから

保健所だより第48号 東京都で「インフルエンザ流行注意報」発令中

保健所だよりタイトル

 平成21年9月25日、東京都で「インフルエンザ流行注意報」が発令されました。
 流行注意報とは、流行注意報基準(10人/定点を超えた保健所の管内人口の合計が、東京都全体の30%を超えた場合)に達した時に発令されます。注意報の意味は、流行の発生前であれば、今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性があるということです。

感染症予防 ~インフルエンザについて~

 新型インフルエンザが各地で流行し、学校では学級・学年閉鎖が相次いで出ている状況です。
これから涼しくなり、空気が乾燥する季節がやってくると、新型インフルエンザと季節性のインフルエンザが重なってさらに流行すると予想されています。

新型インフルエンザとは?

 これまで動物の間でしか感染しなかったインフルエンザウィルスが人に感染しやすく変化したものをいいます。一般的に、人は新型インフルエンザに対する免疫をもっていないため、全国的に流行が拡がり、人の生命や健康に重大な影響を与える恐れがあるといわれています。
 ※季節性インフルエンザ
  これまで人の間で主に冬季に流行していたインフルエンザです。Aソ連型、A香港型、B型などがあります。

症状は?

 突然の発熱、咳、のどの痛みが主な症状です。全身症状(だるさ、頭痛、関節痛など)を伴うこともあります。

感染経路は?

 感染した人が咳やくしゃみをした時に放出されたウィルスを吸い込むことによって感染します(飛まつ感染)。またはウィルスが付着したものを触った手が口、鼻などに触れることで感染します(接触感染)。

画像 うがいをする子どもたち

感染予防のためには?

 外から帰ったら、まず手洗い、うがいをしましょう。

 「手洗いのポイント」
(1)外出後、トイレの後、食事の前など必ず石鹸(液体石鹸)を使って手を洗いましょう。
注意:30秒以上洗い、流水でしっかり流しましょう。
(2)洗い残しがないように丁寧に洗いましょう。
注意:親指、指の間、手の甲、手首、指の先は洗い残ししやすいところです。
(3)洗った後はペーパータオルや清潔なタオルで拭きましょう。
注意:共用タオルは感染のもとになる可能性があります。

画像 手を洗うあらいぐま

咳エチケットを守りましょう

 咳、くしゃみなどの症状のある場合はインフルエンザに限らず、呼吸器感染症予防の上で「咳エチケット」は大切です。

 「咳エチケット」のポイント
(1)咳、くしゃみ等症状がある時はマスクをつけましょう。
(2)咳、くしゃみ等が出る時にマスクがなければ、ティッシュやハンカチなどで口、鼻を覆いましょう。
(3)鼻汁、痰などがついたティッシュはビニール袋や、蓋つきのゴミ箱に捨てましょう。
(4)咳をしている人と一緒にいる家族や対応する医療従事者や介護者などもマスクをつけましょう。

画像 マスクをした男性

予防接種について

インフルエンザワクチンは、罹患した場合の重症化予防に有効とされています。
 現在、流行している新型インフルエンザの予防接種については、現在接種をする対象者等について検討されています。ただし、妊婦、小児、基礎疾患を有する方については万が一罹患すると重症化しやすいといわれていますので、ワクチンの供給が始まった時には主治医の先生に相談しましょう。
 季節性インフルエンザの予防接種を希望される方は、お住まいの市の広報等でご確認の上、お近くの医療機関にご相談ください。
 

(この情報は平成21年9月28日現在の情報に基づいて作成しています。)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 多摩府中保健所 保健対策課 感染症対策担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

保健所だより

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。