このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都多摩府中保健所 の中の 広報誌など の中の 保健所だより の中の 保健所だより第10号 「エイズ」・・・あなたは「関係ない」と思っていませんか? のページです。

本文ここから

保健所だより第10号 「エイズ」・・・あなたは「関係ない」と思っていませんか?

画像 多摩府中保健所だより第10号

~12月1日は世界エイズデーです~

今、日本ではHIV/エイズが増え続けています

 エイズ=後天性免疫不全症候群とは、エイズウイルス(HIV)に感染し、免疫力が低下することによって発症する病気です。感染後、平均10年程度で発症します。
 HIVが体内に入っても、ほとんどの人には症状がありません。この状態をHIV感染と言います。徐々に免疫力が低下して、日和見感染などをおこした状態をエイズと言います。
⇒より詳しく知りたい方は多摩府中保健所感染症のページもご覧下さい。

表 HIV感染者数(左) エイズ患者数(右)

 平成16年の新規HIV感染者は780人
 平成16年の新規エイズ患者は385人
 合計すると1,165人

 日本のHIV/エイズ報告数の累計は?
 HIV感染者6,560人
 エイズ患者3,277人
 合計すると9,837人

東京都のHIV/ エイズ報告数は全国の3分の1

表 エイズ患者及びHIV感染者数推移

 東京都で平成16年に新たに報告されたHIV/エイズ患者は411人です。都内だけでも一日一人以上のペースで増えています。
 右の図は1年間に新たに報告されたHIV/エイズの数を表しています。平成16年の報告数は過去最高です。平成17年も昨年を上回るペースで増えています。

誰にでもある感染の可能性

図 平成16年に新規報告されたHIV感染者の感染経路

 HIVの感染経路は、性的接触・血液感染・母子感染です。
 実際の報告数をみると、性的接触による感染者が全体の86%(不明例を含めると97%)を占めています。

HIV/エイズは予防できます

日常生活の中でHIVに感染する可能性があるのは性的接触のみ

 HIV感染を予防する方法は・・・?

  • 性的接触(精液・膣分泌液が性器・口腔・肛門などの粘膜に触れる行為)を持たない(ノーセックス
  • パートナーと自分がHIVに感染していないことが明らかであれば安全(セーフセックス
  • コンドームを正しく使用する(セーファーセックス

 ⇒HIV/エイズに関心を持ち『正しい知識』を身につけましょう。

先進国の中でHIV/エイズが増え続けているのは日本だけ

 日本人の多くの人が「自分は『大丈夫』と思っている」ことが、HIV/エイズが増えている大きな原因です。HIVは、性的接触を持ったことがある人なら誰でも、感染している可能性があります。もしあなたが、過去に一度でも性的接触を持つ機会があったなら、HIV抗体検査を受けましょう!! あなたは本当に『大丈夫』でしょうか・・・

お問い合わせ

このページの担当は 多摩府中保健所 保健対策課 感染症対策担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

保健所だより

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。