このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

新型コロナウイルス感染症の発生届について

(R4.10.11更新)

新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)により発生届を提出する場合は、
こちらをご覧ください。

令和4年9月26日以降の新型コロナウイルス感染症発生届の届出対象

  1. 入院を要する

※診断時点で直ちに入院が必要でない場合であっても、基礎疾患等により、入院の必要が生じる可能性があると医師が判断した場合も含まれる

  1. 重症化リスクがあり、新型コロナウイルス感染症治療薬の投与

又は新たに酸素投与が必要と医師が判断する者

  1. 妊婦

※ただし、死亡に関しては上記に限定せず、全数が対象
入院の必要性、重症化リスクの判断に当たっては、乳幼児、小児であること、透析患者、本人から申告された健康診断結果、独居等の社会的要因などの状況を総合的に考慮してください。


患者診断数の報告について

  • 令和4年9月26日以降診断の患者数について、医療機関において診断された発生届対象者・対象外患者(みなし陽性と診断した小児も含む)を含めたすべての患者の年代別人数を保健所に報告してください。
  • HER-SYS(やむを得ない場合はFAXも含みます)での報告は1日1回とし、当日分に算定できなかった件数は翌日分に追加してください。
  • コロナ患者を診断しなかった日や休診日においては報告の必要はありません。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルス感染症 発生届様式・感染症患者総数日次報告

※東京都感染症情報センターのページに移動します。

お問い合わせ

このページの担当は 多摩府中保健所 保健対策課 感染症対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。