このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

HIVについて知ってください

HIV/エイズってどんな病気?

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)とは

HIVはCD4陽性細胞(リンパ球の一種で細菌やウイルスといった病原体から身を守る「免疫」という働きをする細胞)に入り込んで、CD4陽性細胞を破壊してしまいます。
HIVに感染してもすぐに免疫の力は弱くなりません。CD4陽性細胞は破壊されてもすぐに新しく作られるからです。感染初期は、自覚症状もほとんどありません。感染していても特徴的な症状が出ていない人をHIV感染者といいます。

エイズとは

HIV感染者の体内では、数年から10数年かけてHIVが徐々に増えていき、新しく作られるCD4陽性細胞よりも壊されるCD4陽性細胞が多くなるために免疫の働きが少しずつ低下していきます。このため、健康なときにはかかりにくい感染症や悪性腫瘍にかかったりします。このような病気にかかった状態を、エイズ(後天性免疫不全症候群)といいます。

HIV感染症/エイズ患者の現状

平成30年の東京都内の新規HIV・エイズ患者報告数は422件(HIV感染者351件、エイズ患者71件)で、ともに前年度と比べ減少しました。推定感染経路は性的接触による報告が87.9パーセントで、男性間性的接触による報告が74.4パーセントとなっています。

主な感染経路

HIVはHIVに感染している人の血液、精液、膣分泌液に多く含まれていて、粘膜や傷口から感染します。主な感染経路は、(1)性行為感染、(2)母子感染、(3)血液を介して(注射器具の共有など)の感染の3つです。HIVの感染力は弱く、性行為以外の社会生活の中でうつることはまずありません。

HIV感染の予防

HIV感染の原因は8割以上が性行為感染によるものです。正しい知識を持ち適切な予防行動をとることで、感染を予防することができます。
(1)ノーセックス
性的接触をしないことは最善の予防策です。雰囲気に流されないで、誘われても「No(いいえ)」と断る勇気も必要です。
(2)セーフセックス
二人ともHIVに感染していないことが確実で、お互いに他のセックスパートナーがいなければ、二人のセックスは安全です。
(3)セ―ファーセックス
相手も自分も感染しているかわからない場合には、コンドームが有効です。コンドームはHIVに限らず、クラミジア、梅毒などさまざまな感染症の予防に有効です。正しく使用して予防しましょう。

性感染症(STI)ってどんな病気?

性感染症(STI)は若い世代に増えています。なかでも性器クラミジア感染症や梅毒が10代から増え始め、20代女性で急増しています。無症状のことも多く、気づかないまま重症化し、パートナーにうつしてしまうこともあります。
梅毒患者報告数は2014年以降急増しており、特に女性の患者報告数が増加しています。男性は20歳代から40歳代、女性は20歳代で増えています。
性感染症に感染したまま放っておくと、男女とも不妊症などの原因になり、女性の場合、妊娠・出産時に母子感染する可能性もあります。また性器クラミジア感染症などの感染症に感染すると性器の粘膜が炎症を起こすため、HIVに非常に感染しやすい状態になり、感染の可能性が通常の何倍にも高まります。

性感染症に関する関連リンク

梅毒について(健康安全部感染症対策課のページ)

性感染症(STI)ってどんな病気?(東京都性感染症ナビ)

検査・相談について

HIV検査は、「保健所」及び「東京都南新宿検査・相談室」にて、匿名・無料で行っています。検査では、HIVに対する抗体等ウイルスの有無を調べます。この検査は、正確な結果を得るために、感染の機会があってから通常検査では原則60日以上、即日検査では原則90日以上経過していないと正確な結果が出ないことがあります。なお、当保健所では即日検査は行っておりません。
結果は、1週間から2週間後に検査を受けた場所で本人のみに、伝えられます。

エイズに関する相談・検査案内問合せ先

東京都多摩府中保健所 感染症対策担当 
電話 042-362-2334
東京都エイズ電話相談 
電話 03-3292-9090
東京都南新宿検査・相談室 
電話 03-3377-0811

エイズに関する関連リンク

検査を受けてみよう(健康安全部感染症対策課のページ)

エイズニューズレター(健康安全部感染症対策課エイズ対策担当のページ)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。エイズ予防情報ネット

エイズ予防情報センターのページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国立研究開発法人 国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター

エイズ治療・研究開発センター医療情報室のページ

図 レッドリボン

お問い合わせ

このページの担当は 多摩府中保健所 保健対策課 感染症対策担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

検査について

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。