令和2年10月12日
福 祉 保 健 局
インターネット福祉保健モニターアンケート結果
~「福祉保健局の広報」について~


 福祉保健局では、都の福祉・保健・医療施策への御意見をいただくことを目的に、18歳以上の都民を対象に、インターネットを用いたモニターアンケートを実施しております。
 この度、モニターに登録している方を対象に、福祉保健局の広報についてアンケートを実施したのでお知らせいたします。

【アンケート結果のポイント】 (N=回答者数)

福祉保健局の広報媒体のうち、どの媒体を利用しているか聞いたところ、ホームページを利用している人は約65%であり、年代を問わず利用率が最も高かった(Q1 N=379)。
 
ホームページを見る目的は「施策・計画を知る」が最も多く約63%であり、次いで「制度を知る」が約56%であった(Q3 N=248)。
 
ホームページの使いやすいと思う点としては、「分野別の分類がわかりやすい」が最も多く、約55%であった(Q5 N=379)。
 
ホームページの使いにくいと思う点としては、「目的のページまでのクリック回数が多い」が最も多く、約34%であった(Q6 N=379)。年代別に見ると、20代では「スマートフォンで見るときに使いにくい」が約67%と最も多かった。
 
WEB版『月刊福祉保健』について聞いたところ、「全ページに目を通している」人は約24%であり、「興味のあるページのみ目を通している」人は約68%であった(Q9 N=379)。
 
福祉保健局Twitterを利用している人は、約6%であった。利用者のうち、福祉保健局Twitterを利用するようになったきっかけは、「他のアカウントにリツイートされている投稿を見た」という人が約54%であり、最も多かった(Q14 N=24)。
 
福祉保健局Twitterを利用している人に利用頻度を聞いたところ、「ほぼ毎日」「週に数回程度」と答えた人の合計は、約63%であった。特に、40代から50代は、他の年代よりも利用頻度が高い傾向が見られた(Q15 N=24)。
 
福祉保健局Twitterで提供してほしい情報としては、「感染症などの流行情報」が最も多く約54%であり、次いで「福祉・保健・医療分野で話題になっている情報」「生活に役立つ情報」が約46%であった(Q18 N=379)。




アンケート概要
アンケート結果
【問い合わせ先】
 福祉保健局総務部総務課
 電話 03-5320-4032



今回のアンケート概要

テーマ: 「福祉保健局の広報」について
期 間: 令和2年7月20日(月曜日)正午から令和2年8月3日(月曜日)正午まで
方 法: インターネット(モニターがアンケート専用サイトから回答を入力する)
モニター数: 499名
有効回答数: 379名
回答率: 76%


今回のアンケート回答者属性
※有効回答数379人を100%としたときの割合


男性180人47.5%
女性199人52.5%



20代以下9人2.4%
30代20人5.3%
40代63人16.6%
50代119人31.4%
60代82人21.6%
70代以上86人22.7%


会社員104人27.4%
団体職員(NPO含む)13人3.4%
自営業28人7.4%
福祉サービス提供事業経営者4人1.1%
福祉サービス提供事業従事者60人15.8%
教職員1人0.3%
学生3人0.8%
主婦59人15.6%
無職63人16.6%
その他44人11.6%



【アンケート設問】

テーマ:「福祉保健局の広報」について

Q1. 福祉保健局では、福祉保健医療施策を広報するために、様々な広報媒体を用いています。福祉保健局の広報媒体のうち、どの広報媒体を利用していますか。

Q2. Q1で、福祉保健局のホームページを利用していると回答した方にお尋ねします。福祉保健局のホームページを知ったきっかけは何ですか。

Q3. Q1で、福祉保健局のホームページを利用していると回答した方にお尋ねします。福祉保健局のホームページを見る目的は何ですか。

Q4. Q1で、福祉保健局のホームページを利用していると回答した方にお尋ねします。福祉保健局のホームページの中で必要な情報をどのように探しますか。

Q5. 福祉保健局のホームページをご覧ください。福祉保健局のホームページで使いやすいと思う点はどこですか。

Q6. 福祉保健局のホームページをご覧ください。福祉保健局のホームページで使いにくいと思う点はどこですか。

Q7. 福祉保健局のホームページで、もっと充実してほしい情報や追加してほしい情報は、何ですか。

Q8. Q1で、福祉保健局のホームページを利用していないと回答した方にお尋ねします。福祉保健局のホームページを利用しない理由は何ですか。

Q9. モニターの皆様に毎月送付しているWEB版『月刊福祉保健』をご覧になっていますか。

Q10. Q9で、全ページに目を通している又は興味のあるページのみ目を通していると回答した方にお尋ねします。『月刊福祉保健』の情報量はいかがですか。

Q11. Q9で、全ページに目を通している又は興味のあるページのみ目を通していると回答した方にお尋ねします。『月刊福祉保健』の体裁はいかがですか。

Q12. Q9で、全く読んでいないと回答した方にお尋ねします。『月刊福祉保健』を読んでいない理由は何ですか。

Q13. 『月刊福祉保健』において、今後取り上げてほしい内容は何ですか。また、どのような情報をお知りになりたいですか。

Q14. Q1で、福祉保健局のTwitterを利用していると回答した方にお尋ねします。福祉保健局のTwitterを利用するようになったきっかけは何ですか。

Q15. Q1で、福祉保健局のTwitterを利用していると回答した方にお尋ねします。利用する頻度は、どの程度ですか。

Q16. Q1で、福祉保健局のTwitterを利用していないと回答した方にお尋ねします。福祉保健局のTwitterを利用しない理由は何ですか。

Q17. 福祉保健局Twitterで提供してほしい情報は、どのような分野ですか。

Q18. 福祉保健局Twitterで提供してほしい情報には、どのようなものがありますか。

Q19. 福祉保健局の広報で今後積極的に活用してほしい媒体は何ですか。

ページトップへ


【主な回答事例】
集計結果は百分率(%)で示し、小数点以下第2位を四捨五入して算出した。
そのため、合計が100.0%にならないものがある。

Q1. 福祉保健局では、福祉保健医療施策を広報するために、様々な広報媒体を用いています。福祉保健局の広報媒体のうち、どの広報媒体を利用していますか。


Q1.このグラフは5個の項目からなる棒グラフです。ホームページ65.4%、広報誌(月刊福祉保健、東京の福祉保健等)37.7%、チラシ・ポスター等の紙媒体17.9%、Twitter6.3%、その他4.2%。

ページトップへ


Q2. Q1で、福祉保健局のホームページを利用していると回答した方にお尋ねします。福祉保健局のホームページを知ったきっかけは何ですか。


Q2.このグラフは10個の項目からなる棒グラフです。検索エンジンで福祉保健局ホームぺージを検索した50.8%、検索エンジンで知りたい情報を検索した17.7%、福祉保健局で発行している広報誌に掲載されていた16.9%、福祉保健局以外で発行している広報誌(例:広報東京都等)に掲載されていた16.9%、他の行政機関・民間企業のホームページにリンクが掲載されていた11.7%、ポスターなどに掲載されていた3.6%、Twitterに掲載されていた3.2%、テレビ・ラジオなどで見た3.2%、東京動画に掲載されていた1.2%、その他7.7%。

ページトップへ


Q3. Q1で、福祉保健局のホームページを利用していると回答した方にお尋ねします。福祉保健局のホームページを見る目的は何ですか。


Q3.このグラフは8個の項目からなる棒グラフです。施策・計画を知る62.5%、制度を知る56.0%、イベント情報を知る31.9%、統計情報を知る23.8%、広報誌を見る18.5%、問い合わせ先を知る14.9%、採用情報を知る4.8%、その他2.0%。

ページトップへ


Q4. Q1で、福祉保健局のホームページを利用していると回答した方にお尋ねします。福祉保健局のホームページの中で必要な情報をどのように探しますか。


Q4.このグラフは5個の項目からなる棒グラフです。分野別の分類(福祉保健の基盤づくり・高齢者・障害者・子供家庭など)から探す67.3%、サイト内検索機能を使って探す39.1%、福祉保健局ホームページ内では探さず外部の検索サイトを使って探す13.3%、サイトマップから探す10.9%、その他1.2%。

ページトップへ


Q5. 福祉保健局のホームページをご覧ください。福祉保健局のホームページで使いやすいと思う点はどこですか。


Q5.このグラフは5個の項目からなる棒グラフです。分野別の分類(福祉保健の基盤づくり・高齢者・障害者・子供家庭など)がわかりやすい54.9%、トップページが整理されている40.4%、全体のデザインが統一されている27.7%、高齢者や障害者などの様々なユーザーに配慮されている(音声読み上げ機能など)16.1%、その他8.7%。

ページトップへ


Q6. 福祉保健局のホームページをご覧ください。福祉保健局のホームページで使いにくいと思う点はどこですか。


Q6.このグラフは8個の項目からなる棒グラフです。目的のページまでのクリック回数が多い33.5%、サイト内検索で目的のページを見つけることが難しい24.8%、スマートフォンで見るときに使いにくい18.7%、利用の多いページやキーワードがトップページに表示されていない18.5%、詳細についての問い合わせ先がわからない16.9%、説明がわかりにくい12.4%、高齢者や障害者等様々なユーザーへの配慮が足りない(音声読み上げ機能など)11.3%、その他20.8%。

ページトップへ


Q7. 福祉保健局のホームページで、もっと充実してほしい情報や追加してほしい情報は、何ですか。


Q7.このグラフは8個の項目からなる棒グラフです。制度の情報49.1%、施策・計画の情報41.2%、問い合わせ先情報33.5%、イベント情報29.3%、統計情報17.9%、広報誌の情報11.9%、採用情報4.7%、その他11.1%。

ページトップへ


Q8. Q1で、福祉保健局のホームページを利用していないと回答した方にお尋ねします。福祉保健局のホームページを利用しない理由は何ですか。


Q8.このグラフは6個の項目からなる棒グラフです。見る時間がないから36.6%、冊子など紙媒体の方が利用しやすいから32.8%、使いにくいから16.0%、知りたい情報がないから7.6%、アクセシビリティ対応が不十分だから5.3%、その他23.7%。

ページトップへ


Q9. モニターの皆様に毎月送付しているWEB版『月刊福祉保健』をご覧になっていますか。


Q9.このグラフは3個の項目からなる円グラフです。全ページに目を通している23.5%、興味のあるページのみ目を通している68.3%、全く読んでいない8.2%。

ページトップへ


Q10. Q9で、全ページに目を通している又は興味のあるページのみ目を通していると回答した方にお尋ねします。『月刊福祉保健』の情報量はいかがですか。


Q10.このグラフは5個の項目からなる円グラフです。多すぎる3.4%、少し多い24.4%、適当62.6%、少し足りない8.3%、少なすぎる1.1%。

ページトップへ


Q11. Q9で、全ページに目を通している又は興味のあるページのみ目を通していると回答した方にお尋ねします。『月刊福祉保健』の体裁はいかがですか。


Q11.このグラフは4個の項目からなる円グラフです。見やすい18.4%、ふつう70.4%、見にくい9.2%、わからない2.0%。

ページトップへ


Q12. Q9で、全く読んでいないと回答した方にお尋ねします。『月刊福祉保健』を読んでいない理由は何ですか。


Q12.このグラフは4個の項目からなる棒グラフです。読む時間がないから45.2%、興味のある記事がないから16.1%、必要な情報が掲載されていないから9.7%、その他32.3%。

ページトップへ


Q13. 『月刊福祉保健』において、今後取り上げてほしい内容は何ですか。また、どのような情報をお知りになりたいですか。


Q13.このグラフは8個の項目からなる棒グラフです。生活に役立つ身近な情報55.1%、時事的な情報44.9%、福祉保健医療に関する制度の解説40.6%、講習会や説明会の情報40.6%、福祉保健局の施策の解説30.1%、福祉保健局主催のイベント情報29.3%、福祉施設の紹介20.6%、その他9.0%。

ページトップへ


Q14. Q1で、福祉保健局のTwitterを利用していると回答した方にお尋ねします。福祉保健局のTwitterを利用するようになったきっかけは何ですか。


Q14.このグラフは7個の項目からなる棒グラフです。他のアカウントにリツイートされている投稿を見た54.2%、ホームページに掲載されていた20.8%、興味のある投稿があった20.8%、広報誌に掲載されていた12.5%、知っている人がフォローしていた4.2%、家族や知人から聞いた0.0%、その他0.0%。

ページトップへ


Q15. Q1で、福祉保健局のTwitterを利用していると回答した方にお尋ねします。利用する頻度は、どの程度ですか。


Q15.このグラフは5個の項目からなる円グラフです。ほぼ毎日29.2%、週に数回程度33.3%、月に数回程度25.0%、年に数回程度4.2%、ほとんど利用しない8.3%。

ページトップへ


Q16. Q1で、福祉保健局のTwitterを利用していないと回答した方にお尋ねします。福祉保健局のTwitterを利用しない理由は何ですか。


Q16.このグラフは5個の項目からなる棒グラフです。Twitter自体を利用していないから61.4%、福祉保健局のTwitterアカウントがあることを知らなかったから28.7%、Twitterでは情報が見づらいから15.2%、ほしい情報がないから1.4%、その他2.5%。

ページトップへ


Q17. 福祉保健局Twitterで提供してほしい情報は、どのような分野ですか。


Q17.このグラフは8個の項目からなる棒グラフです。医療保健分野49.6%、健康安全分野40.1%、高齢者分野37.5%、生活福祉分野37.5%、環境衛生分野30.9%、障害者分野29.3%、子供家庭分野21.1%、その他18.2%。

ページトップへ


Q18. 福祉保健局Twitterで提供してほしい情報には、どのようなものがありますか。


Q18.このグラフは7個の項目からなる棒グラフです。感染症などの流行情報54.1%、福祉・保健・医療分野で話題になっている情報46.2%、生活に役立つ身近な情報46.2%、福祉保健局が主催するイベントの案内情報38.5%、福祉・保健・医療に係る用語解説16.9%、イベントの結果に係る情報14.8%、その他14.2%。

ページトップへ


Q19. 福祉保健局の広報で今後積極的に活用してほしい媒体は何ですか。


Q19.このグラフは9個の項目からなる棒グラフです。ホームページ60.2%、福祉保健局で発行している広報誌30.3%、SNS(Twitter以外)24.8%、福祉保健局以外で発行している広報誌(例:広報東京都等)24.5%、Twitter17.2%、動画16.1%、チラシ・ポスター等の紙媒体12.9%、CM11.9%、その他6.6%。

ページトップへ


Q20. 福祉保健局の広報について、ご意見がありましたら記入をお願いします。【自由意見】

福祉保健局の広報について意見を聞いたところ、196人から自由意見が寄せられた。最も多いのは、広報全般についての112件、次いでホームページについての22件、SNSの8件であった。また、新型コロナウイルス感染症の情報発信に関連するものは25件あった。主な意見は以下のとおりである。

広報全体に関すること
紙ベースだと情報量や新しさで無理があるため、新鮮な情報をネット配信し、重要な事柄をまとめたものを紙ベース発行してほしい。

SNSやホームページは見る人しか見られないし知らない。高齢者には不向きと思われるので、先ずは紙媒体での広報活動が必要であり、その中で興味がある人はSNSやホームページで見れば良いのではないだろうか。

紙媒体はあまり要らない時代になってきたと思います。環境面も考えた広報にして欲しいです。

LINE等使用で、自ら情報収集をあまりしない若い方にも情報提供する機会が増える事を願っています。

読者の読みやすさへの配慮がもっとなされると良いと思います。例えば、フォントを大きくする、行間を拡げて読みやすくするなど。

現在でも色々な情報を提供して貰っていますが、より判り易い(理解しやすい)情報提供をお願い致します。コロナに関しても正確な情報提供をお願い致します。

ホームページに関すること
トップページから探したいページへ入っていくのは分かりやすいのですが、その後詳細ページの問合せ先が下の方にあるので、スクロールしないと分からないことがあります。その辺を改めて欲しいなと思います。

福祉は、子ども、老人、病気療養、障害など、範囲が広く、情報が多岐にわたって、当事者として探すのに迷ってしまう。それぞれの分野別にわかりやすいといい。よく見られている情報ランキングが右端にのっていると、みんなが知りたい情報にすぐアクセスできていい。

ホームページは頻繁に利用しています。新しい情報と古い情報がわかりにくい時がありますので、どんな年齢層でも簡単に見たい情報へ進めるようにしてほしい。

ホームページは文章ばかりで理解しにくくつまらなかったので、もっとグラフ、写真、イラスト、動画など視聴覚情報を増やしていくとよいと思います。

SNSに関すること
SNSでの情報発信をお願いいたします。#があれば検索で出てくるので、欲しい情報などは検索で探しやすくなります。

SNSをもっと積極的に活用し、タイムリーな情報発信を希望します。多言語での対応も必要かと思います。ツイッターの投稿で、詳細はこちら、のみならず、リンク先のサマリーを投稿文に入れるとより興味を引くと思います。

コロナの最新情報を1日何度もTwitterで発信して欲しい。

フェイスブックが見やすいので、お願いいたします。

新型コロナウイルス感染症に関すること
新型コロナと共存しながらの生活について、高齢者や一人世帯やシングルマザーなどがコロナ感染者になった場合、どこへ家族の面倒など頼めるかなど、身近な質問が聞ける連絡先を公開して欲しい。コロナ関連の情報がまだ行き渡っていないので、広報誌・ホームページなどを東京都のホームページなどにも広げていくのは良いと思います。

Webセミナーを開催して、With&ポストコロナに向けたサービスの提供をご検討頂ければ幸いです。

コロナウイルスに関する感染についての情報、特に、家庭内での注意する事項を知りたい。

地域におけるコロナ関連情報や、問い合わせ先、相談先がわかりやすいと助かります。

がんばってらっしゃると思います。ありがとうございます。アンケートにも書きましたが、どうしても制度はわかりづらいものです。また、新型コロナウイルスでも医学的情報に関してやはり誤解が多く、それにより状況が悪化していることは否めません。小中学生に説明するような言葉で概略をまとめたものがあれば、他人に説明するときも助かります。大人だからと考える必要はないと思うのです。お手数ですがご一考いただけると嬉しいです。

その他
ステッカーやマスコット、ストラップなどアナログのグッズは親子には今もって人気があるのでは。私も「東京都福祉保健モニター」などのステッカーがあれば、自宅玄関などに張ったりして、地域にアピールしたいと思います。そういうことから、「これってどんなことやるの?」とか、友人・知人に関心を持ってもらいたいなあと思っています。

親による子どもへの体罰もようやく昨年都条例で禁止され、今年からは法制化もされました。しかし、コロナ騒ぎで霞んでしまった上に、コロナ対策やコロナ不安による悪影響など、子どもをとりかこむ環境はますます厳しいものになっていると感じます。今一度、子どもたちのために、社会全体のために、子どもを健やかに育てることの重要性やすべきことについても目を向け、広報すべきです。


ページトップへ

東京都福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 電話:03-5320-4032 FAX:03-5388-1400
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.