新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(介護分)


国において成立した令和2年度の第二次補正予算を受け、新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(介護分)が創設されました。
東京都では、下記のとおり実施します。

【重要】審査過程における電話連絡について

本事業の書類等確認業務は、ビーウィズ株式会社に委託しています。
その過程において確認事項が生じた際、申請担当者様宛てに、
ビーウィズ株式会社の番号「03-6830-8020」からご連絡をいたします。
東京都から委託をしているビーウィズ株式会社の電話番号になりますので、
連絡があった際はご対応のほどお願いいたします。

【重要】介護事業所・施設等における慰労金支給に係る協力のお願い

厚生労働省より、介護事業所・施設等における慰労金支給に係る協力依頼の通知が発出されました。
 
本事業では、慰労金を迅速に給付するため、介護事業所・施設等を通じた一括申請をお願いしています。
 
職員や派遣労働者、業務受託者の従事者等、対象となる方々に慰労金が確実に届けられるよう、御理解・御協力のほどお願いいたします。

【重要】申請受付(9月分以降)について

9月分以降の申請受付は下記のとおり実施します。

毎月順次受付を行い、受付の翌月末から翌々月上旬に交付を行います。
 
なお、都国保連受付分は、令和2年11月末日までの申請分が最終となります。
12月以降の申請は、東京都への直接申請になりますが、申請方法やスケジュールは別途ホームページ等でご案内します。
 
申請受付期間

  都国保連 東京都(直接申請)
電子請求受付
システム
郵送
(電子又は紙)
電子データ
申請フォーム
郵送
(紙)
9月受付 9月1日
~9月末締切
9月15日
~9月末締切
9月1日
~9月末締切
10月受付 10月1日
~10月末締切
10月15日
~10月末締切
10月1日
~10月末締切
11月受付 11月1日
~11月末締切
11月15日
~11月末締切
11月1日
~11月末締切
※最終受付
12月以降 別途ホームページ等でご案内予定

 
※申請受付から2か月程度でご指定いただいた口座、または国保連にご登録いただいている口座等へ振込予定です。
 ただし、提出書類に不備等がある場合、振込予定日までにお支払いができず、次回以降の振込日に延期となりますので、ご了承ください。

専用コールセンターについて

8月17日(月曜日)から、専用コールセンターを開設しました。
 
事業や申請書作成に関するお問い合わせは、コールセンターにお願いします。
 
【コールセンター】
 東京都新型コロナウイルス緊急包括支援事業コールセンター
 電話:0120-591-105(平日9時~18時 土日祝日を除く)

【よくあるお問合せ】

よくあるお問合せをまとめました。下記事業の詳細とあわせてご確認ください。

1 事業の概要

補助対象事業

東京都では、以下3つの事業を実施します。詳細は、パンフレット(PDF:1,458KB)をご確認ください。
(1)感染症対策を徹底した上での介護サービス提供支援事業
(2)介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業
(3)介護サービス再開に向けた支援事業
 ア 在宅サービス事業所による利用者への再開支援への助成事業
 イ 在宅サービス事業所における環境整備への助成事業

補助対象事業所・施設等及び補助額

対象事業所・施設等一覧(PDF:111KB)
※内容に一部誤りがありました。下記のとおり訂正してお詫び申し上げます。
更新日:令和2年7月30日

<訂正内容>
 (正)居宅療養管理指導 感染症対策支援事業 基準単価  3.3万円
 (誤)居宅療養管理指導 感染症対策支援事業 基準単価  33万円

対象期間等

◆上記(1)及び(3)の事業
令和2年4月1日から令和3年3月31日までに支出される経費

◆上記(2)の事業
介護サービス事業所・施設等で勤務し利用者と接する職員であり、令和2年1月24日から同年6月30日までの対象期間内に通算して10日以上(※)勤務した者で、「利用者との接触を伴い」かつ「継続して提供することが必要な業務」に合致する状況下で働いている職員
※年次有給休暇や育休等、実質勤務していない場合は、勤務日として算入しません。

2 申請の手続き

申請様式

法人本部にて各事業所・施設等分を取りまとめの上、ご提出ください。
【提出が必要な様式】
(1)交付申請様式一式(ファイル:90KB)

(2)支払金口座振替依頼書(Word:45KB) ⇒東京都直接申請の場合のみ必要です。

 
【申請時に提出は不要だが、作成・保管が必要な様式】

(3)代理受領委任状(Word:17KB)⇒慰労金事業を申請する法人は該当する職員に作成を依頼してください。

(4)その他挙証資料

 (支出内容を証明する書類(領収書・振込記録等)及び補助金申請の際に使用した職員の勤務記録・サービス提供記録等の証拠書類)

※提出をお願いすることもございますので、都の求めに応じて速やかにご提出いただけるよう保管をお願いいたします。
 

※なお、(2)支払金口座振替依頼書を都へ提出する場合、口座が以下一覧に該当していることを確認してください。

 東京都会計管理局ホームページ:登録が可能な金融機関一覧

申請マニュアル ※申請書作成時にご確認ください

FAQ ※申請書作成時にご確認ください

提出方法

(1)介護報酬を申請している事業所・施設等
 東京都国民健康保険団体連合会(以下「都国保連」という。)へ提出
 ア 【原則】介護電子請求受付システムによるインターネット申請
    http://www.e-seikyuu.jp/

 イ 電子媒体又は紙による申請

  〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-5-1 

  東京区政会館8階東京都国民健康保険団体連合会内 慰労金等申請窓口宛


(2)介護報酬を受領していない事業所・施設等
(特定施設入居者生活介護の指定を受けない養護・軽費・有料老人ホーム等)
 ア 【原則】「電子データ申請フォーム」から申請
   https://www.shinsei.elg-front.jp/tokyo2/uketsuke/form.do?id=1597142397732
 
 イ 紙による申請(「電子データ申請フォーム」からの申請が困難な場合)

   〒220-8799 横浜市中央郵便局 郵便私書箱36号
   東京都新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(介護分・障害分)事務局宛
   (※事務局は、都より受託したビーウィズ株式会社内で運営しております。)
 
※上記提出方法(1)、(2)両方の事業所・施設等を運営している場合は、都国保連・都分の申請書をそれぞれ作成し、都国保連及び都の2箇所に提出してください。

※法人本部にて各事業所・施設等分を取りまとめの上、ご提出ください。

申請受付期間

9月分以降の申請受付は下記のとおり実施します。
 
毎月順次受付を行い、受付の翌月末から翌々月上旬に交付を行います。
 
なお、都国保連受付分は、令和2年11月末日までの申請分が最終となります。
12月以降の申請は、東京都への直接申請になりますが、申請方法やスケジュールは別途ホームページ等でご案内します。
 
申請受付期間

  都国保連 東京都(直接申請)
電子請求受付
システム
郵送
(電子又は紙)
電子データ
申請フォーム
郵送
(紙)
9月受付 9月1日
~9月末締切
9月15日
~9月末締切
9月1日
~9月末締切
10月受付 10月1日
~10月末締切
10月15日
~10月末締切
10月1日
~10月末締切
11月受付 11月1日
~11月末締切
11月15日
~11月末締切
11月1日
~11月末締切
※最終受付
12月以降 別途ホームページ等でご案内予定

※申請受付から2か月程度でご指定いただいた口座、または国保連にご登録いただいている口座等へ振込予定です。
 ただし、提出書類に不備等がある場合、振込予定日までにお支払いができず、次回以降の振込日に延期となりますので、ご了承ください。


※いずれの申請受付期間で申請いただいても、経費の対象期間は同じです。
(1)感染症対策を徹底した上での介護サービス提供支援事業及び(3)介護サービス再開に向けた支援事業の事業の経費については、 支出済の費用だけではなく、申請日以降に発生が見込まれる費用も合わせて、概算額で申請してください。

個人による申請(特例)

「介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支援事業」は、以下の場合に限り、個人が都へ直接申請することが可能です。

  • 介護サービス事業所・施設等を退職した慰労金給付の対象者の方で、在籍していた勤務先から申請いただくことが困難な方

※個人申請の場合であっても、勤務を証明するための法人印が必要となりますので、極力在籍していた勤務先を通じてご申請ください。

・ 要綱(個人申請用)(PDF:181KB)
・ 退職者等の個人申請マニュアル(PDF:1,625KB)
・ 慰労金申請書(個人用)(Excel:85KB)
・ 支払金口座振替依頼書(個人)(Word:45KB)

3 問合せ方法

事業や申請書作成等に関するお問合せ

◆  事業や申請書作成等に関することは、以下のコールセンターにお願いいたします。
 東京都新型コロナウイルス緊急包括支援事業コールセンター
 電話:0120-591-105(平日9時~18時 土日祝日を除く)

都国保連の電子請求受付システムに関するお問合せ

◆ 電子請求受付システムに関することは下記連絡先までご連絡ください。
 介護電子請求ヘルプデスク
 電話番号:0570-059-402
 E-mail:mail-kaigo@support-e-seikyuu.jp

4 要綱・申請マニュアル・FAQ等 ※申請前に必ずご確認ください

要綱

申請様式

(1)交付申請様式一式(ファイル:90KB)
 ※以下5つの様式が1つのエクセルにまとめられています。
  ・<様式第1号> 交付申請書【法人単位で1枚】
  ・<様式1>    事業所・施設別申請額一覧【法人単位で1枚】
  ・<別添>    事業所・施設別申請額一覧(サービス別一覧)【法人単位で1枚】
  ・<様式2>    事業実施計画書【事業所ごとに1枚】
  ・ <様式3>   介護慰労金受給職員表【法人単位で1枚】
(2)支払金口座振替依頼書(法人用) (Word:45KB)
(3)<別添様式> 代理受領委任状(Word:17KB)

申請マニュアル

FAQ

パンフレット

厚生労働省 事務連絡

5 参考リンク

東京都における医療分・障害福祉サービス分のページ

医療分及び障害福祉サービス分の申請については、以下各ページにてご確認ください。
なお、「介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支援事業」について、医療分・障害福祉サービス分・介護分で、重複して申請はできませんのでご注意ください。

◆ 医療分のページ
新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/iroukin.html

医療機関・薬局等における新型コロナウイルス感染症感染拡大防止等支援事業
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/shienkin.html

  
◆ 障害福祉サービス分のページ
新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分)
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shougai/houkatushien/houkatushien_jigyou.html

厚生労働省


なお、東京都における手続き方法や申請様式については、厚生労働省提示のものとは異なるため、詳細は東京都の交付要綱や申請マニュアル、FAQをご確認ください。