がんを患い電車やバスで身体が苦しいときに(ヘルプマーク)

 ヘルプマークは、外見からはわからなくても、援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくするためのマークです。
 義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、広く援助や配慮を必要としている方が対象で、がん患者の方も利用できます。
 ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

ヘルプマークの配布場所など詳細

ヘルプマークの配布場所など、詳細はこちらをご覧ください。

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療政策課 がん対策担当(03-5320-4389) です。