このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 障害者 の中の 講座・催し物 の中の 令和2年度要約筆記者実践講習会のご案内 のページです。

本文ここから

令和2年度要約筆記者実践講習会のご案内

この講習会は聴覚障害者、特に手話習得の困難な中途失聴者や難聴者の方々のコミュニケーションを支援する要約筆記者を養成し、聴覚障害者の福祉の向上を図ることを目的として実施するものです。
なお、実践講習会は、全国統一要約筆記者認定試験の合格を目指した内容となっています。
(令和2年度講習会の募集は終了いたしました。)

1 講習内容

養成講習会において学習した次の内容を基に、復習・実技を中心とした講習を行います。
(1) 聴覚生理と聴覚障害
(2) 聴覚障害者に接する心構え
(3) 日本語の基礎知識
(4) 社会福祉等の知識
(5) 要約筆記の方法と技術
(6) 実技実習

2 対象者

聴覚障害者の福祉に理解と熱意があり、次の要件を備えている方
(1) 東京都内に住所を有するか、または東京都内に日常生活の場を有する方(都内在勤・在学)
(2) 令和2年4月1日現在、18歳以上の方
(3) 次項の応募資格を有する方で、この実践課程を修了後に2020年度全国統一要約筆記者認定試験を受験し、合格後は都内で要約筆記の活動ができる方

3 募集人員及び応募資格

(1) 募集人員
手書きコース 12名、パソコンコース 12名
(2) 応募資格
・令和2年度東京都要約筆記者養成講習会を受講中の方、または過去に要約筆記者養成講習会(84時間)を修了した方
・パソコンコースの場合、自己所有のノートパソコン(タブレットは不可・USBメモリ、有線LAN等の外部出力端子をつけられるもの)を講習会に持参できる方

4 講習期間及び時間

令和2年10月3日から令和3年2月13日まで(全12回 土曜日)
手書きコース 午後2時から午後4時まで、パソコンコース 午前10時から正午まで
※ 合同講義とコース別講義があります。
※ コース別講義には実習も含まれます。

5 講習会場

社会福祉法人 東京聴覚障害者福祉事業協会 会議室(新宿区新宿2-15-27 第3ヒカリビル6階)
交通 都営新宿線 新宿三丁目駅、東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅
※ 会場については、一部変更する場合があります。

6 費用

受講料は無料。テキスト代等については実費負担があります。

7 募集期間

令和2年8月11日(火曜日)から同年8月28日(金曜日)まで(消印有効)
※令和2年9月4日(金曜日)まで申込期限を延長いたします。(消印有効)

8 申込み・問合せ先

東京手話通訳等派遣センター
〒160-0022 
新宿区新宿二丁目15番27号 第3ヒカリビル5階
電話 03-3352-3359
FAX 03-3354-6868

9 募集要項・申込書

その他詳細につきましては、募集要項を御覧ください。

受講申込書はこちらから印刷・ダウンロードできます

10 その他

講習会修了後、都内で要約筆記等の活動をしていただくため、本講習会修了者の氏名・修了コース・住所を在住(在勤・在学)の区市町村に報告します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 障害者施策推進部 計画課 社会参加推進担当(03-5320-4147) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。