食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホームたべもの安全情報館知って安心〜トピックス〜食品添加物用途別 主な食品添加物ガムベース

食品添加物
概要
食品添加物とは
食品添加物の分類
食品添加物の指定制度
食品添加物の使用基準と成分規格
用途別 主な食品添加物
食品添加物の表示方法
(一般用加工食品における食品添加物の表示方法)
食品添加物に関する監視指導

用途別 主な食品添加物

15 ガムベース

 ガムベースは、チューインガムの基材となる物質のことです。この基材に、糖類、香料、着色料などを加えたものが、チューインガムとなります。

☆酢酸ビニル樹脂

 酢酸とエチレンを原料にして重合反応させて製造されます。チューインガムに適度の弾性と粘性を与え、ふうせんガムでは被膜形成作用があります。

 使用対象食品:チューインガムの基礎剤、果実又は果菜の表皮の被膜剤に限ります。

☆ジェルトン(ポンチアナック)

 キョウチクトウ科ジェルトンの枝から得られたラテックスの水溶成分を除去して作られます。主成分は、アミリンアセタート及びシスポリイソプレンです。

ラテックス
 ゴムの木を傷つけて分泌される白い粘り気のある乳液(コロイド溶液)です。ラテックスに有機酸(希酢酸又は蟻酸)を加え、コロイド粒子を凝固させて乾燥させたものが生ゴムです。

☆チクル

 アカテツ科サポジラの樹液を煮詰めて脱水し、精製して製造されます。特有な香りがあります。


← 14 光沢剤へ
↑ 主な食品添加物のページへ戻る
16 栄養強化剤へ →

▲このページのトップへ


▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全部 食品監視課 規格基準担当が管理しています。


▲このページのトップへ