食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホーム東京都の取組・制度食品衛生監視指導令和3年度東京都食品衛生監視指導計画 実施結果概要

食品衛生監視指導
令和4年度東京都食品衛生監視指導計画
令和3年度東京都食品衛生監視指導計画実施結果概要
「東京都食品衛生監視指導計画」意見募集
過去の食品衛生監視指導計画及び実施結果概要

令和3年度 東京都食品衛生監視指導計画 実施結果概要

 このたび、食品衛生法に基づく「令和3年度東京都食品衛生監視指導計画」の実施結果について、概要を取りまとめましたのでお知らせします。
 令和3年度は、食品関係営業施設(特別区、八王子市及び町田市の対象施設を除く。)に対し、延べ 220,249件の監視指導を実施し、食品の衛生的な取扱いなどの指導を行いました。また、食品等について、102,642項目の検査を実施した結果、基準値を超える農薬を検出したきぬさや等、10検体の違反を発見し、必要な措置を行いました。


令和3年度 東京都食品衛生監視指導計画 実施結果概要(本文)(PDF:341KB)

※本概要は食品衛生法第24条の規定に基づき、都の実施分を取りまとめたものです。

令和3年度の主な監視指導の結果

 

重点事業

(1) HACCPの取組支援 HACCPに関する講習会 255回、HACCPに関する個別相談会の実施 64回
  • HACCPに沿った衛生管理について、講習会を255回開催し、9,785名の事業者に周知しました。
  • 全ての食品等事業者がHACCPを導入できるよう、個別相談会を64回開催し、有識者から食品等事業者に技術的助言を行うとともに、有識者による訪問アドバイスを316施設に対して実施しました。

(2) 食中毒対策 食肉の取扱施設や社会福祉施設に対する監視指導 延べ4,864件
  • 鶏肉の生食等を原因としたカンピロバクター食中毒の多発を受け、飲食店等延べ2,805件の立入検査を実施し、十分な加熱調理等について監視指導を行いました。
  • ノロウイルスによる食中毒の対策として、食中毒発生時に大規模化しやすい学校給食等の大量調理施設や社会福祉施設等延べ2,059件の立入検査を実施し、調理従事者の衛生管理や食品の適切な取扱い等について監視指導を行いました。

(3) 食品表示対策 食品関係営業施設に対する表示監視 延べ159,797件
  • 延べ159,797件の施設に対し、食品表示法等に基づき783,220品目の表示検査を行った結果、1,172件の不適正表示を発見し、適正な表示に改善させるなど必要な措置を行いました。

(4) 輸入食品対策 輸入食品等の検査件数 45,514項目
  • 基準値を超える農薬を検出したきぬさや等、4項目(4検体)の違反を発見し、輸入者を管轄する自治体へ通報しました。
  • 輸入者に対して延べ278件の監視指導を実施し、事故発生時の管理体制等を把握するとともに自主管理の取組状況に応じた指導や取扱食品の検査を行いました。

(5)東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会関係施設の監視指導
  • 大会開催に当たり、選手や関係者の利用が想定される競技会場の食品関連施設や、競技会場へ食品を納入する施設等に対し、都区市が連携・協力して、延べ3,365件の立入検査を実施し、HACCPに沿った衛生管理の実施や、食品の温度管理の徹底等について監視指導を行いました。

▲このページのトップへ


▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全部 食品監視課 監視計画担当が管理しています。


▲このページのトップへ