MENU

ホーム » 食品衛生法の改正について »  広域におよぶ食中毒への対策の強化

広域におよぶ食中毒への対策の強化

広域的な食中毒事案の発生や拡大防止等のため、食品衛生法に基づき各地方厚生局ブロックに「広域連携協議会」が設置され、国と関係自治体との情報の共有により、効果的な原因調査、適切な情報発信等を行う体制がとられています。


▼ 関連ページ

厚生労働省 広域連携協議会の設置について(平成31年03月18日付け生食発0318第4号)

厚生労働省 広域的な食中毒事案への対策

関東信越厚生局 関東信越広域連携協議会開催状況・議事要旨

 


このページは東京都福祉保健局健康安全部食品監視課食中毒調査担当が管理しています。


▲このページのトップへ