MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心〜トピックス〜 »  カビとカビ毒 » 食品衛生上問題のあるカビ オーレオバシヂウム

オーレオバシヂウム(Aureobasidium

 発育初期には白色の集落を形成しますが、次第に黒色の湿潤した集落となります。醤油及び清涼飲料水製造工場やその周辺の環境中から頻繁に検出されます。清涼飲料水、ところてん、ゼリーなどの食品や工場の壁面などで発生が見られます。


代表菌種:

オーレオバシヂウム・プルランス(A.pullulans)


写真:オレンジゼリーに生えたオーレオバシヂウム・プルランス
オレンジゼリーに生えた
オーレオバシヂウム・プルランス
写真:オーレオバシヂウム・プルランスの顕微鏡写真
オーレオバシヂウム・プルランスの顕微鏡写真

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ