MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心〜トピックス〜 »  カビとカビ毒 » 食品衛生上問題のあるカビ ムコール

ムコールMucor

 ケカビと呼ばれ、灰白色で綿毛状の集落を形成します。発育は速く、食品上でも短時間のうちに大きな集落を形成します。土壌、果実、野菜、でんぷん、腐敗物等に広く分布し、長期間低温に保存した食品、生鮮野菜・果実などにしばしば発生します。


代表菌種:

ムコール・ムセド(M.musedo)
ムコール・プシルス(M.pusillus)


写真:ウニに生えたムコール属のカビ
ウニに生えたムコール属のカビ
写真:ムコール属の一種の顕微鏡写真
ムコール属の一種の顕微鏡写真

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ