MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心〜トピックス〜 »  カビとカビ毒 » 食品衛生上問題のあるカビ クラドスポリウム

クラドスポリウムCladosporium

 良く風呂場の壁でみかける黒いカビがこの菌です。俗にクロカビと呼ばれ、住居内ばかりでなく、まんじゅう、ケーキ、野菜など様々な食品や衣類にも生え、暗緑色から黒色の集落をつくります。空中に浮遊するカビの中でもっとも多いのがこの菌で、喘息などのアレルゲンとしても問題にされています。


代表菌種:

クラドスポリウム・クラドスポリオイデス(C.cladosporioides)
クラドスポリウム・スフェロスペルマム(C.sphaerospermum)


写真:玉子焼きに生えたクラドスポリウム・クラドスポリオイデス
玉子焼きに生えた
クラドスポリウム・クラドスポリオイデス
写真:クラドスポリウム・クラドスポリオイデスの顕微鏡写真
クラドスポリウム・クラドスポリオイデスの顕微鏡写真

▲このページのトップへ



このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。