食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホーム食品事業者向け情報自主回収報告制度自主回収の着手と報告

自主回収報告制度
食品の自主回収情報
どんな制度?(都民向け)
制度の趣旨及び概要
報告する事業者及び報告先
自主回収の着手と報告
自主回収の終了と報告
自主回収情報の公表について
食品表示法の施行に伴う報告対象の改正について(平成28年10月1日から施行)
様式・関連資料等
 

自主回収の着手と報告

(自主回収着手報告:条例第23条第1項施行規則第8条第1項


1 報告書の提出時期

回収に着手したら、速やかに報告してください。


「着手」 = 社内で自主回収をすることを決定し、回収に関する情報提供を食品等の納入先等に行った時点


なお、社内で商品の異状を察知したら、速やかに保健所等にご相談ください。


2 報告書の作成

報告書は様式(施行規則別記第2号様式)に従って記入してください。
報告書提出時には記載できない点もあるかもしれませんが、「提出時に最低限必要な情報」は必ず記載してください。


提出時に最低限必要な情報

  • 回収する食品等の商品名(名称)
  • 回収する食品等を特定するための情報(形態、容量、消費期限、製造番号、表示事項等)
  • 回収を開始した年月日
  • 製造が行われた事業所の名称及び所在地
  • 回収の理由
  • 消費者からの回収方法及び問合せ先
  • 想定される健康への影響
  • 所属部署、担当者名及び連絡先

その他の項目もできるだけ早くご報告ください(特に販売先リストについては他道府県に情報提供する場合もあるので、早めにご提出ください)。なお、追加情報はファクシミリでも提出可能です。
その他、記入方法についてご不明の点がありましたら、提出先にご相談ください。


報告書の様式は「様式・関連資料等」からダウンロードしてお使いください(保健所の窓口にもあります)。


3 報告に必要な添付書類

報告の際には、所定様式のほかに、下の資料がありましたらご提出ください。


添付する資料 必要な理由
製品あるいはそのパッケージ
製品表示部分のコピー
荷姿写真等
回収対象製品を特定するのに役立ちます。
あれば提出して下さい。
販売先リスト
販売数量リスト
販売先や販売量を把握するのに必要です。
着手報告書に書ききれない場合は必ず提出してください。
自主検査の結果(自主検査を行っている場合)
異物の写真
(社内の)苦情処理票等
自主検査の結果が回収事由に係る場合は、添付してください。
回収に至った原因を確認するのに必要な場合もあります。原因に係る場合は、添付してください。
社告、ホームページ、店頭表示等の内容 行う場合は添付してください。

回収情報を関係自治体に通知する際、迅速に正確な資料を提供できるようにするため、写真やリスト類については、できればデジタルデータで提出してください。


詳細については、こちらから自主回収報告制度についての事業者向け資料をご覧ください。

様式・関連資料等



▲このページのトップへ


▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全部 食品監視課 監視計画担当が管理しています。


▲このページのトップへ