MENU

ホーム »  リスクコミュニケーション »  「食の安全調査隊」の活動 »  令和4年度 食の安全こども調査隊

     

夏休みの自宅学習に!
令和4年度「食の安全こども調査隊」

 

 東京都では、食の安全について、小学生が楽しみながら学べるよう、例年夏休み時期に「食の安全こども調査隊」を実施しています。
 今年度も、昨年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、食中毒予防に関する学習資材を用いた自宅学習形式で実施します。


概要

 食中毒予防の3原則「つけない」「ふやさない」「やっつける」について、御家庭での実験等を通じて理解を深めていただくことを目的として、テキスト、まとめ用シート、実験用資材などの自宅学習キット(食品は含みません。)をお送りします(7月下旬送付予定)。
 また、学習後、まとめ用シートの写しをご送付いただいた参加者全員に、修了証と記念品をお送りします。


 自宅学習キット内容 〜食中毒予防の3原則についての理解を深めよう〜

  • 「つけない」…手形培地で手洗い前後の手の菌を視覚的に確認!※
  • 「ふやさない」…冷蔵庫内の温度や、食材の保存方法を確認!  
  • 「やっつける」…ハンバーグの加熱時間と肉や肉汁の色の変化を確認!

※培地の実験は独特の臭いを伴います。

イベント詳細

内容 食中毒予防の3原則「つけない」「ふやさない」「やっつける」について、御家庭での実験や調理を通じて理解を深めていただくことを目的として、テキスト、まとめ用シート、実験用資材などの自宅学習キット(食品は含みません。)をお送りします(8月上旬送付予定)。
対象・定員 都内在住の小学生(4〜6年生対象)
定員150名
※申込多数の場合、抽選を行います。
抽選結果は7月下旬にお知らせします。
参加費用 無 料
※実験に使用する食材費は自己負担となります。
申込方法 今年度の募集は終了しました。
申込締切 今年度の募集は終了しました。

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ