MENU

ホーム »  リスクコミュニケーション »  「食の安全調査隊」の活動 »  令和4年度 食の安全こども調査隊

令和4年度「食の安全こども調査隊」活動報告

 令和4年度食の安全こども調査隊は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、集合形式ではなく、食中毒予防に関する学習資材を用いた自宅学習形式で実施しました。



自宅学習キットの送付(7月下旬)

食中毒予防3原則について、実験を通して学べる自宅学習キットを送付しました。

 自宅学習キット内容 〜食中毒予防の3原則についての理解を深めよう〜

  • 「つけない」…手形培地で手洗い前後の手の菌を視覚的に確認!
  • 「ふやさない」…温度計で冷蔵庫内の温度を確認!食品の保存方法について、表示を確認!
  • 「やっつける」…手作りハンバーグなどの加熱時間と肉や肉汁の色の変化を確認!
   

自宅学習キット(まとめ用シート)の提出

自宅での実験結果をまとめたシートを150名の参加者の内、63名から提出していただきました。



 




修了証の送付

まとめ用シートを提出していただいた方全員に、修了証と記念品を交付しました。



このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号

Copyright © Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.