MENU

ホーム »  リスクコミュニケーション »  食の安全都民フォーラム 開催状況 »  第27回食の安全都民フォーラム

第27回食の安全都民フォーラム

 東京都では、都民、事業者及び行政担当者が、食の安全に関する情報を共有し、考える場として、毎年「食の安全都民フォーラム」を開催しています。
 今回は、昨年4月から新たに始まった機能性表示食品をはじめとした健康食品との上手な付き合い方について、様々な視点から考え、理解を深めました。

テーマ

「健康食品との上手な付き合い方」 〜今だからこそ、機能性表示食品を考える〜

開催日時

平成28年9月16日(金曜日)午後1時30分から午後4時30分まで

開催場所

東京都庁 都議会議事堂1階 都民ホール

内容

第1部 基調講演

  • 「ご存じですか?機能性表示食品」
    講師:安藤 文浩 氏 (消費者庁食品表示企画課 食品表示調査官)

第2部 パネルディスカッション

  • コーディネーター
    瀬古 博子 氏(消費生活アドバイザー)
  • パネリスト
    梅垣 敬三  氏(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所 情報センター長)
    宗林 さおり 氏(独立行政法人国民生活センター 理事)
    蒲生 恵美  氏(公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 食生活特別委員会副委員長)

    機能性表示食品制度が始まり、1年を経過した今だからこそ、都民による健康食品の利用実態を踏まえ、関係者に求められる対応等、機能性表示食品をはじめとした健康食品の安全な利用について、それぞれの視点から意見交換をしました。

同時開催 食の安全調査隊 パネル展示

「輸入食品の安全性」をテーマとして、公募の都民が講習会や施設見学、グループワーク等全3回の活動を通して、食の安全に関する理解を深めた活動内容をパネルにまとめ展示しました。


このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ