このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 生活の福祉 の中の 戦争犠牲者の援護等 の中の 令和2年度 国主催慰霊巡拝の参加者募集について のページです。

本文ここから

令和2年度 国主催慰霊巡拝の参加者募集について

1 実施事項

東京都では、戦没者を慰霊するため実施される国主催の慰霊巡拝の参加者(戦没者の御遺族)のうち、東京都在住の御遺族の募集を行っています。御遺族の肉親が亡くなった現地で、旧主要戦域となった陸上及び遺骨収集の望めない海上等における戦没者、又は旧ソ連・モンゴル地域において抑留中に死亡した方を対象として、慰霊巡拝を行います。

2 申込資格

 ・ 慰霊巡拝を行う戦域における戦没者の御遺族(配偶者(再婚した方を除く。)、父母、子、兄弟姉妹、孫、参加する子・兄弟姉妹の配偶者、甥姪)
 ・ 当該地域の慰霊巡拝及び遺骨収集に参加したことのない方及び当該戦域を一度も訪問したことのない方が優先されます。(過去5年以内(平成27年度以降)に国主催慰霊巡拝に参加した方は、原則として各地域の定員に空きがある場合にのみ参加可能です。)
 ・ 健康状態が良好で団体行動を支障なく行える方
参加者は派遣国・地域におけるすべての戦没者・抑留中死亡者の御遺族代表という立場で、巡拝の全日程に参加いただくことになり、個人行動は制限されます。
必要があれば(介助者の同行により団体行動が可能となる場合)、介助者の同行が認められます。(「高齢」や「不安」等の理由では認められません。)
※介助者は国からの補助金(下記3参照)の対象外となります。

3 慰霊巡拝概要  令和2年度の募集は終了しました。令和3年度の実施予定は、令和3年2月上旬頃掲載予定です。

※東京都では、都内にお住まいの参加希望者の受付を行います。(都外在住の方は、お住まいの道府県で受付をします。)
※参加は先着順ではありませんが、締切(下記5の提出書類必着)まで日数が短い地域もありますので、申込が未定の方も、早目にお問合せください。
※実施予定時期、実施期間等は変更になることがあります。
※今後の新型コロナウィルス感染症の状況を受けて、実施地域によっては慰霊巡拝が中止される場合があります。

令和2年12月1日現在
実施予定地域 実施予定時期

申込書類提出締切日

旧ソ連

カザフスタン共和国

新型コロナウィルス感染症拡大のため中止

締め切りました
イルクーツク州・ブリヤート共和国

新型コロナウィルス感染症拡大のため中止

締め切りました
ハバロフスク地方・ユダヤ自治州

新型コロナウィルス感染症拡大のため中止

締め切りました
沿海地方 新型コロナウィルス感染症拡大のため中止 締め切りました
中国東北地方(旧満州地域全域)

新型コロナウィルス感染症拡大のため中止

締め切りました

南方地域

東部ニューギニア(ニューギニア島東部) 新型コロナウィルス感染症拡大のため中止 締め切りました

インドネシア(ニューギニア島西部を含む)

新型コロナウィルス感染症拡大のため中止 締め切りました
ビスマーク諸島 新型コロナウィルス感染症拡大のため中止 締め切りました

ミャンマー

新型コロナウィルス感染症拡大のため中止 締め切りました

トラック諸島

新型コロナウィルス感染症拡大のため中止

締め切りました
フィリピン 新型コロナウィルス感染症拡大のため中止 締め切りました

硫黄島(第1次)  ※下記参照
羽田空港発着

令和2年11月10日(火曜日)から11月11日(水曜日)まで(実施終了)

締め切りました

硫黄島(第2次)  ※下記参照
羽田空港発着

令和3年2月16日(火曜日)から2月17日(水曜日)まで

締め切りました

※都内在住の硫黄島戦没者の御遺族の方へ

別途、東京都主催の「東京都硫黄島戦没者追悼式」を毎年度実施しています。(参加対象は都内在住の御遺族のみとなります。)

令和2年度は、新型コロナウィルス感染防止の観点から、一般参列者募集は行わず、都議会議事堂都民ホールで実施しました。(詳細は、「令和2年度東京都硫黄島戦没者追悼式について」を参照)
令和3年度の実施については、予定が決まり次第掲載します。

費用

・概算費用(総額)は、海外地域は約200,000円から350,000円、硫黄島は約20,000円から30,000円です。
・費用は今後のルートや参加者の決定により出発の約10日前に確定し、上記概算費用を上回る場合もあります。
・費用は参加者の負担になりますが、参加規準を満たした参加者(介助者を除く)に対しては、確定経費のうちおおむね3分の1が国から補助されます。

日程表・概見図(令和2年4月現在の予定)

※上記は年度当初の予定であり、最終的な日程は、参加希望者のゆかりの地等を可能な限り考慮して決められていきます。ただし、日程や現地事情の制約のため、必ずしも肉親の戦没地点・埋葬地で慰霊が行えるとは限りません。
※班編成がある地域の班分けは厚生労働省で行われます。

4 申込方法(東京都在住の御遺族)

下記6の計画課援護恩給担当に電話でお問合せください。簡単な聞取りにより仮受付をさせていただき、東京都から御案内(内申書様式、日程(案)、申込要領等)を郵送します。
御検討の上、提出書類を各地域の申込締切日までに援護恩給担当に届くように御提出ください。
※新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、提出は郵送でお願いいたします。このため、申込みをお迷いの方も早目にお電話ください。

5 提出書類

(詳細は、仮受付した方にお送りする御案内で御確認ください。)
(1)参加遺族代表者内申書 *用紙は、東京都からお送りします。
(2)参加希望者の現在の戸籍謄本又は抄本の全ページ(原本)*申込み前180日以内に発行されたもの
(3)戦没者の死亡場所及び死亡日並びに参加希望者と戦没者との関係がわかる戸籍謄本の全ページ(コピー可)*発行年月日は問いませんが、発行年月日と発行者が確認できるもの
(4)質問票(健康チェック票) *用紙は、東京都からお送りします。
(5)(介助が必要な方は)介助者内申書 *用紙は、東京都からお送りします。
(6)(介助が必要で障害者手帳等をお持ちの方は)障害者手帳等の写し
(7)(内定者のみ)医師の証明書、パスポートの写し(硫黄島を除く。)
  申込み時には必要ありません。後日、内定された方に直接御連絡いたします。

6 問合せ先(国主催慰霊巡拝)

 福祉保健局生活福祉部計画課援護恩給担当
 電話 03-5320-4076(直通)

7 【御案内】戦没者遺児の皆様へ

戦没者遺児の方は、一般財団法人日本遺族会主催「戦没者遺児による慰霊友好親善事業」に申し込むこともできます。

詳細はこちら↓

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本遺族会ホームページ

≪戦没者遺児による慰霊友好親善事業の申込み・問合せ先(東京都在住の御遺族)≫
一般財団法人東京都遺族連合会
電話 03-3812-1796

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 生活福祉部 計画課 援護恩給担当(03-5320-4078) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。