看護教員

卒業生の約9割が都内の病院に就職
未来の東京の医療を支える人材を送り届けます

看護教員

必要資格・採用区分紹介

詳しくはこちら(福祉保健局ホームページ)もご覧ください。

東京都では、上記の受験資格 「要件1 看護師として5年以上業務に従事した人で、専任教員として必要な研修・講習を修了した人」を満たす”看護教員養成研修”を実施しています。

詳しくはこちら(福祉保健局ホームページ)

業務内容

看護教員のしごとは、大きく「教授活動」「学生指導」「カリキュラム運営」の3つに分けられます。

看護教員の業務内容

○教授活動

• 講義:担当カテゴリーの授業

• 校内実習:担当カテゴリー以外にも参加

• 臨地実習指導:全学年を担当 各看護学・基礎・老年Ⅰ・統合実習

○学生指導

• 教務事務(学年担任):主担任1名・副担任5名 生活指導、国家試験対策、就職・進学相談

• その他の教育活動:クラス運営・学校行事・課外活動に関する学生の運営をサポート

○カリキュラム運営

• 各看護学領域カテゴリー:教育課程の企画、授業運営、諸会議

• 学校運営に関わること:教室・教材・図書整備

• 修了認定に関わること:出席管理、成績管理

職場紹介

都立看護専門学校は、高い知識や技術を教授するとともに、”思いやり”や”優しさ”などの「看護の心」を育み、医療現場で活躍できる看護師を育成する専修学校です。
各校とも、それぞれの特徴を活かしながら、学びやすい環境づくりに努めており、専門性の高い専任教員のほか、各分野から優れた講師を招いて、充実した講義や実習を行っています。

都立看学の理念

都立看護専門学校一覧(福祉保健局ホームページ)

職員教育・スキルアップ


○様々な研修等で職員の学びをサポートしています。

都立看学の人材育成

リンク

看護教員の職員インタビューはこちら

募集情報はこちら(福祉保健局ホームページ)