保健師

Q.東京都を志望した理由は何ですか?

保健師

お世話になっていた大学の教授が、過去に東京都で保健師として活動されていたことが就職先として東京都を考えるきっかけでした。
また、東京都保健師業務説明会に参加した影響も大きいです。説明会で、東京都では、保健所のほか、島しょ、都庁など様々なフィールドで働くことができると知り、他自治体にはない魅力を感じました。ちょうど入都する年が東京オリンピック開催年であったこともあり、開催地となる東京都で保健師として活動することに興味を持ち、東京都を志望しました。


Q.保健師になろうと思ったきっかけは何ですか?

保健師

最初は看護師になろうと思い看護学部に進学したのですが、大学で講義、実習を進めていくうちに保健師に興味を持ち始めました。
大学4年時に保健所実習があり、個別支援活動をもとに新しい仕組みづくり、ネットワークづくりに携わる役割もあるということを学び、保健師としての仕事の奥深さを感じました。看護師として臨床経験を積んでから保健師になることも考えましたが、試験準備などを考えると、「学生で時間がある今を逃したら、保健師になるチャンスはなかなかないのではないか。」と考え、新卒で保健師になることを決意しました。


Q.現在の仕事内容はどのようなものですか?(実際の業務に就いてみてどうですか)

保健師

地区担当の保健師として、その地区で生活する精神、難病、重症心身障害児(者)の方を対象に、電話でのご相談や面接、ご自宅への訪問、関係者での会議等、様々な方法で支援していくことが主な業務です。また、最近は新型コロナウイルス流行に伴い、当番制で陽性者、濃厚接触者対応、施設に対する調査なども行っています。
実際の業務に就いてみて、それぞれケースごとの個別性を実感する日々です。同じ精神ケース、難病ケースであったとしても、それぞれ本人や家族の思い、今までの生き方があり、同じケースはありません。本人、家族の気持ちに寄り添いながら、地域で生活していくなかで支援が必要なところをサポートさせていただくことができる、貴重な仕事であると実感しています。


Q.仕事のやりがいを教えてください。

保健師

精神疾患を抱える方に対する支援が印象深いです。本人と相談関係を築くことができなかったり、関係機関が同じ方向性で本人を支援する、という共通認識をはかることができなかったりして、どうすればよいかと悩むことがありました。
本人への対応について、課長、課長代理を交えて所内検討したり、関係機関と今後の方針について話し合うカンファレンスを開催したり、保健所事業である精神専門医相談を利用したりと検討を重ねました。その結果、時間はかかりましたが、本人の対応方法について関係機関と共通認識をはかることができ、やりがいを感じることができました。目に見えて分かりやすく結果が出ることばかりではありませんが、今支援していることが、結果として本人、ご家族にとってよかったと思ってもらえることに繫がるやりがいのある業務だと思います。


Q.仕事をするうえで大切にしていることは何ですか?

保健師

小さなことでも「なぜ?」と考えるようにすることを大切にしています。最初は相談を受けても話を聞くことで精いっぱいで、話を深堀することができませんでしたが、「なぜそのようなことを言ったのだろう。」「なぜそう思ったのだろう。」などと、小さなことでも疑問を持つようにすると、意外な糸口から話が発展することもありました。相手の言動に対する疑問だけでなく、「なぜ自分がそう思ったのか」ということを振り返ることで、今まで気が付かなかった自分の特性に気づくこともありました。まだ勉強中ではありますが、その視点は今後も継続していきたいと思っています。


Q.職場の雰囲気はどうですか?上司や先輩はどんな方ですか?

保健師

私が入庁した年は新型コロナウイルス流行で保健所は非常に大変な状況でしたが、そんな忙しい中でも先輩方が気遣って下さったことが印象的です。ケースの支援方針について悩んだとき、分からないことがあった時、時には本人、ご家族からストレートに感情をぶつけられることもあり、モヤモヤした気分になってしまった時には、「こんなことがあった。」とすぐに周囲に相談できる環境で、とても助かっています。
また、月に1回地区担当のグループで現在困っていること、支援の方向性について話し合う会があるので、そこで自分のケースの報告をしながら、先輩が担当しているケースの話を聞いて学んでいる毎日です。


Q.東京都の保健師を目指す皆さんにメッセージをお願いします。

保健師

新卒で入都し、実務経験がないことに非常に不安を感じていましたが、職場の先輩方の温かい支えがあったことや、多くの研修があり、知識習得をサポートする制度が豊富であったことから、安心して動くことができました。ぜひ東京都で保健師として活動して頂きたいなと思います。

リンク

募集情報はこちら(福祉保健局ホームページ)

過去の保健師職員のインタビュー動画はこちら(福祉保健局ホームページ)