このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

教育方針と特色

教育方針

学生の自主性を尊重しつつ、人命を尊び、自ら成長し、主体的に看護を行える人材を養成します。

看護の専門職に必要な知識、技術及び態度を習得するための教育を行います。 

ディプロマ・ポリシー(当校が目標とする卒業生像)

  1. 自己理解と他者理解を深め、人間を尊厳ある存在として捉える。
  2. 場に応じた適切なコミュニケーションと倫理観に基づいた行動がとれる。
  3. 対象に寄り添い、その人らしい生活に向け支援できる。
  4. 豊かな感性と柔軟な思考で状況を判断し、その人にとって最善で最良の看護を安全に提供できる。
  5. チームの一員としての自己の役割を認識し、患者貢献に基づいた行動がとれる。
  6. 自己の経験を常に振り返り、社会の動向に関心を向け、自己が目指す看護師像に向かって努力し続ける。

特色

本校は、昭和55年4月、西多摩地域で初めての看護専門学校として開校しました。奥多摩の山並みを望む緑豊かな環境の中で、看護の道を目指す仲間同士が励ましあいながら楽しく学生生活を送っています。

充実した授業内容

  • 最新の医療看護情報を取り入れた新鮮な授業を展開しています。
  • 専任教員をはじめ大学や実習病院の第一線で活躍する多彩な講師陣が指導に当たっています。
  • 国家試験合格を目標とした実践的な学習指導を行っています。

恵まれた実習環境

  •  少人数による臨地実習を実施し技術力の強化を図っています。
  •  実習病院等と緊密に連携し学びやすい実習環境をつくっています。

きめ細かな学生支援体制

  • カウンセラーとも連携して学生生活全般の相談に応じています。
  • 模擬面接や説明会など様々な手段で就職活動を支援しています。

成績評価における客観的な指標の算出方法

  1. 修了認定条項に規定する試験等は、筆記、レポート、口述、実技、その他の方法で実施する。ただし、臨地実習については、実習評価表に基づき評価する。
  2. 試験等は、原則として、100点を満点とし、60点以上を合格とする。
  3. 合格者の成績の評価は、S、A、B、Cの4段階とし、試験等の成績の90点以上をS、80点以上90点未満をA、70点以上80点未満をB、60点以上70点未満をCとする。

アドミッション・ポリシー

都立看護専門学校では、看護師を目指す次のような資質を備えた人の入学を期待しています。

  • 人を思いやる気持ちを持ち、他者と協調して人間関係を構築できる人
  • 物事をありのままに受け止めることができ、誠実に対応できる人
  • 自分の思いや考えを、自分の言葉で表現することができる人
  • 学習習慣を身につけて、意欲的に学び続けられる人
  • マナーやルールを守り、責任ある行動がとれる人

お問い合わせ

このページの担当は 青梅看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。