このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の お知らせ の中の 新型コロナウイルス感染症に関する検査・医療等の体制整備 のページです。

本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する検査・医療等の体制整備

今後予想される「第2波」に備え、検査体制の拡充、症状に応じた医療体制の確保等に取り組んでいます。

検査体制を拡充

感染の疑いがある患者から検体採取を行う新型コロナ外来やPCRセンターの設置のための支援を行い、都内全域の検査体制を拡充します。
また、民間検査機関等への検査機器の導入支援等により、都内全体での検査処理能力の向上を図ります。

検査費の全額公費負担

保険適用によるPCR検査、抗原検査の自己負担分を全額公費で負担します。

病床を確保

感染拡大の状況に応じて病床を速やかに確保できるよう、病床確保のレベルを3段階に設定し、病床を確保していく体制を整えます。
(最大4,000床、うち重症700床)

参考

新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ~「新しい日常」が定着した社会の構築に向けて~

お問い合わせ

〈「検査体制」について〉福祉保健局感染症対策課 03-5320-4483
〈「医療体制」について〉福祉保健局感染症対策課 03-5320-4347

本文ここまで

以下 奥付けです。