このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都西多摩保健所 の中の トピックス の中の 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) のページです。

本文ここから

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

新型コロナウイルス感染症は、感染症法の「指定感染症」に指定され、法に基づき医師の届出、積極的疫学調査、患者への医療提供を行うことになります。都はすでに、指定の趣旨を踏まえた対策を講じていますので、ご協力をお願いします。

都民のみなさまへ

新型コロナウイルス感染症は、人から人への感染が認められていますが、現在、日本国内で流行が認められている状況ではありません。
風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、マスクの着用、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。
なお、新型コロナウイルスに関する最新情報は、厚生労働省のホームページ、東京都感染症情報センターのホームページ等に掲載しておりますので、下記の関連リンクからご確認下さい。

関連リンク

  新型コロナウイルス感染症に関する情報(東京都)
   報道発表情報、東京都の対応状況等。
  新型コロナウイルス感染症に関する情報(東京都感染症情報センター)
   予防のポイント、感染疑いの方を家庭で看護するときの注意点、清掃・消毒方法等。
  新型コロナウイルス感染症について(東京都福祉保健局)
  新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省) 
  海外感染症発生情報(厚生労働省検疫所 FORTH)

新型コロナウイルス感染症のPCR検査について

令和2年2月21日現在、新型コロナウイルス感染症のPCR検査は、症状や経過から同感染症が医学的に強く疑われる方(患者)に対して実施します。医療機関の医師等と保健所が協議をして、検査を実施するかどうかを判断します。
感染が疑われる特段の理由がなく、また症状がない状態で、感染がないことを確認するための検査はできません。

新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口

新型コロナ受診相談窓口(帰国者・接触者電話相談センター)

青梅市・福生市・羽村市・あきる野市・瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町にお住いの方で新型コロナウイルス感染症が疑われる方(※)は、医療機関を受診する前に下記の連絡先までご相談ください。

受付時間 設置機関 電話番号
平日:9時~17時 西多摩保健所 相談センター 0428-22-6141
平日:17時~翌9時
土日祝日:終日
都・特別区・八王子市・町田市
合同電話相談センター
03-5320-4592

 次の症状があり、新型コロナウイルス感染症を疑われる方は、同相談窓口にご相談ください。

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている

 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)

  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

  ※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

窓口でご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「新型コロナ外来(帰国者・接触者外来)」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

上記以外の一般的な相談窓口

西多摩保健所

電話番号 0428-22-6141
受付時間 午前9時から午後5時まで(平日のみ)

東京都電話相談窓口(新型コロナコールセンター)

  • 多言語(日本語、英語、中国語、韓国語)による相談

  電話番号 0570-550571(ナビダイヤル)
  受付時間 午前9時から午後9時まで(土、日、祝日を含む)
  詳細はリンクをご参照ください。

    新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口について

  • 聴覚障害のある方などからの相談

  FAX番号 03-5388-1369

新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間 午前9時から午後9時まで

(参考)コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものは、これまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。
詳細は、国立感染症研究所の情報ページをご参照ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルス(2019-nCoV)関連情報について (国立感染症研究所)

お問い合わせ

このページの担当は 西多摩保健所 保健対策課 感染症対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。