このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

低栄養予防レシピ~魚がメインの料理~

さんまの蒲焼き丼

写真 さんまの蒲焼き丼の様子

≪材料・分量(1人分)≫
ご飯         150グラム
さんまの蒲焼き(缶詰)  50グラム
ほうれん草       35グラム
紅しょうが     少々(3グラム)
みりん    大さじ1(16グラム)
しょう油   小さじ2分の1(3グラム)
もみ海苔   4分の1枚(0.5グラム)
≪作り方≫
1 ほうれん草を茹で、食べやすい長さに切る。
2 フライパンにみりんを入れて火にかけ、沸騰したらサンマの蒲焼きを汁ごと入れてさっと温める。
3 器にご飯を盛り、もみ海苔を散らし2のサンマの蒲焼きをのせる。
4 フライパンの残ったタレにしょう油を加え、ほうれん草をからめ3に盛り付ける。
5 残ったタレをかけ、紅しょうがをのせる。
≪調理のワンポイント≫
 味の付いた魚の缶詰を利用すると簡単に出来ます。

(レシピ提供:地域活動栄養士会 のらぼうず)

サバじゃが

写真 サバじゃがの様子

≪材料・分量(1人分)≫
サバ味噌缶  2分の1缶(50グラム)
じゃがいも  小1個(90グラム)
玉ねぎ    4分の1個(30グラム)
人参     6分の1本(30グラム)
≪作り方≫
1 玉ねぎは薄切り、じゃがいも・人参は1口大に切る。
2 鍋にサバ味噌缶を汁ごと入れ、サバ味噌缶と同量の水をいれる。
3 2の鍋に1の野菜を入れ火にかける。
4 煮立ってきたら軽く混ぜ10分から15分ほど弱火で煮る(野菜に火が入ればよい。)。
≪調理のワンポイント≫
 調味料を使わず手軽に調理でき、骨まで食べられカルシウムも豊富な魚の缶詰を利用した料理です。
 サバ味噌缶ではなく、サバ醤油缶でも美味しく作ることが出来ます。

(レシピ提供:地域活動栄養士会 のらぼうず)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 西多摩保健所 生活環境安全課 保健栄養担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

高齢者にやさしい簡単料理レシピ

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。