このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

生活保護

生活保護制度とはどのような制度ですか。

 さまざまな理由により生活に困窮している人々に対して、生活保護法により、憲法が定める健康で文化的な最低限度の生活を保障し、積極的にそれらの人々の自立した生活ができるよう援助する制度です。
 生活保護の申請は国民の権利です。生活保護を必要とする可能性はどなたにもあるものですので、ためらわずにご相談ください。
 保護を受けようとする人には、その利用しうる資産、能力、その他あらゆるものを最低限度の生活の維持のために活用することが求められています。 
※扶養照会について
 扶養義務者による扶養は生活保護に優先されます。ただし、扶養義務者による扶養の可否等が、保護の要否の判定に影響を及ぼすものではなく、「扶養義務の履行が期待できない」と判断される扶養義務者には、基本的には扶養義務者への直接の照会を行いませんので、その事情を福祉事務所に御相談ください。

生活保護を申請したい方へ(厚生労働省HPへのリンク)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatsuhogopage.html

保護費はどのように決まるのですか。

 生活保護は、世帯の収入だけでは国が定める保護基準(最低生活費)に満たない場合に、受けられます。その場合、不足する額を保護費として支給し、最低生活を保障します。
 収入が保護基準(最低生活費)を超えるときは、生活保護を受けられません。
 収入とは、給与、賞与などの勤労収入、農業収入、自営業収入、年金、仕送り、贈与、不動産等の財産による収入、役場から受けた手当、財産を処分して得た収入、保険給付金、その他の臨時的収入があります。
 なお、勤労収入の場合は、税金、社会保険料、交通費の実費などの経費を控除するほか、収入額に応じた基礎控除などが適用されます。

生活保護の相談、申請はどこで出来ますか。

 西多摩郡の各町村にお住まいの方の相談、申請は、西多摩福祉事務所が担当しています。また、お住まいの町村役場においても受付けています。

担当地域 担当部署 電話番号
西多摩郡全域 東京都西多摩福祉事務所    0428-22-1165
瑞穂町 福祉課福祉推進係 042-557-7620
日の出町 子育て福祉課地域支援係 042-597-0511 (内線292)
檜原村 福祉けんこう課福祉係 042-598-3121 (内線112)
奥多摩町 福祉保健課福祉係 0428-83-2777

 上記にある西多摩郡各町村以外にお住まいがある方は、お住まいの地域を担当する各自治体の福祉事務所または支庁(島しょ)にお問合せください。
 また、お住まいがなくて西多摩郡にいる方については、各町村の役場への相談(役場又は電話)又は西多摩福祉事務所に電話でご相談ください。

オンラインによる申請・申告は出来ますか。

 東京共同電子申請・届出サービスにより、オンラインによる手続きが可能です。

新規申請

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。生活保護の新規申請

変更申請・各種申告(保護受給中の方)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。収入・無収入申告

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。一時扶助申請

 手順については、下記チラシをご参照ください。

受けられる保護の種類にはどのようなものがありますか。

保護には、8つの扶助があります。
1 生活扶助 食べるもの、着るもの、光熱水費など、日常の暮らしに必要な費用
2 住宅扶助 家賃、間代、地代など、住むために必要な費用(共益費などは生活扶助に含まれる)
3 教育扶助 義務教育を受ける上で必要となる費用(学級費、生徒会費、PTA会費、教材費、給食費など)
4 医療扶助 病気やケガの治療や療養のために医療機関に支払う費用など(治療として真に必要とする治療材料を含む)
5 介護扶助 介護保険サービス利用で必要となる費用 (介護サービス利用者負担額や施設の食事負担額など)
6 出産扶助 分べん等に要する費用
7 生業扶助 生計を維持するための小規模な事業に必要となる費用や技能を修得するための費用(義務教育ではない高等学校等の就学費用を含む)
8 葬祭扶助 葬祭に必要な費用

生活保護を受けても国民健康保険を使って病院にかかれますか。

 生活保護の受給により国民健康保険の資格がなくなるため、お持ちの保険証は使えなくなります。保険証は発行した町村役場に返してください。
 ただし、勤務先の健康保険証や日雇健康保険証をお持ちの場合は、生活保護を受けてもそのまま使用できます。

保護を受ける人の権利にはどのようなものがありますか。

1 すでに決定された保護は、正当な理由がなく止められたり、減らされたりすることはありません。
2 すでに支給された保護の金品又は保護の金品を受け取る権利は、差し押さえられることはありません。
3 保護の金品には税金などがかかることはありません。
4 保護の決定に不服があるときは、処分のあったことを知った日から3か月以内に、東京都知事に対して、審査請求をすることができます。

保護を受ける人の義務にはどのようなものがありますか。

1 保護を受ける権利は、他人に譲り渡すことはできません。
2 年齢や体力に応じて、働くことが求められます。
3 支出を節約し、生活の維持、向上に努めてください。
4 家賃や学校に納めるべきお金を滞納してはいけません。
5 次のようなことが生じた場合は、速やかに届け出または申請をしてください。
(1) 働いて収入を得た場合は、必ず、収入申告書に給料明細書などを添えて提出してください。
(2) 就職したり、仕事をする場所が変わった場合(転職、転勤など)は、勤め先や仕事の内容について届け出てください。
(3) 年金を受給している場合や新たに年金を受給する場合は、収入申告書に年金証書、年金裁定通知、年金支払通知などを添えて提出してください。
(4) (1)(3)以外の収入については、収入のあった際に速やかにその内容を申告してください。
(5) 世帯の中で、転入や転出など異動があった場合は、速やかに届け出てください。
   ・住宅の契約を更新する場合
   ・入院、退院をする場合
   ・病気やケガで医療機関に通院する場合、通院を終了する場合
6 福祉事務所の指導や指示については、必ず守ってください。守らないときは、保護の変更、停止、又は廃止をすることがあります。

受け取った保護費を返還しなければならない場合はありますか。

資力(資産等)がありながら保護を受けたとき

 保有する不動産の処分、生命保険の解約により収入を得たり、過去にさかのぼって年金や手当を受給する場合は、既に受給した保護費を返していただくことがあります。

就労等の収入について申告がなかった場合など

 就労、その他の収入(年金等)について、申告がなかった場合には、あとで支給済の保護費を返還していただきます。
 なお、不正な手段により生活保護を受けた場合には、加算金を含めて保護費を返還していただくことがあります。また、懲役又は罰金が科せられることがあります。

地区担当員とはどのような人ですか。

 福祉事務所には地域ごとに地区担当員(ケースワーカー)がいます。地区担当員は、家庭訪問などを通じて保護を受給される方の相談を行い、自立した生活ができるようにするための支援を行います。

民生委員とはどのような人ですか。

 福祉事務所や町村の福祉の仕事に協力する地域の身近な相談役です。地区担当員に依頼され、家庭訪問をすることもあります。

生活保護の決定等に関する事務に係る特定個人情報保護評価書(基礎項目評価書)

「生活保護の決定等に関する事務に係る特定個人情報保護評価書の策定」について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 西多摩福祉事務所 管理担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。