このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立南多摩看護専門学校 の中の 学生のページ の中の 南翔祭(ケーススタディ発表会)を終えて のページです。

本文ここから

南翔祭(ケーススタディ発表会)を終えて

令和2年11月21日(土曜日)に開催を予定しておりました南翔祭の一般公開は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止しました。


令和2年11月20日(金曜日)、3年生の代表者6名によるケーススタディ発表がありました。例年は全学年が体育館でケーススタディの発表を聞きますが、今年度は3年生は体育館、2年生は自宅で、1年生は視聴覚室でのオンライン視聴となりました。

発表者はパワーポイントを使い、領域別実習で受け持たせていただいた患者さんへの自身の看護を振り返り、文献などと結び付け、その看護に効果があったか無かったか、またもっとこうすれば良かったなどの考察がされていました。

1年生はまだ1度しか臨地実習を経験していませんが、この発表を聞けたことで実習はどのようなものなのか、1年後、2年後の自分の姿を想像することにつながりました。

発表の後には質疑応答の時間があり、さらに学びが深まりました。
今年は例年とは少し違う形態でのケーススタディ発表会となりましたが、多くの学びを得ることができ、とても素晴らしい時間となりました。

1年生 学校祭委員

ケーススタディ発表1

ケーススタディ発表2

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。