このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都南多摩保健所 の中の 各種申請手続き・届出様式 の中の 診療所・歯科診療所・施術所等 の中の 施術所(あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう、柔道整復)の開設等 のページです。

本文ここから

施術所(あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう、柔道整復)の開設等

開設者及び業務に従事する施術者について、本人確認書類(運転免許証等)を確認させていただいております。ご協力をお願いします(平成26年1月7日付医政医発0107第1号厚生労働省医政局医事課長通知に基づく)。

施術所の開設

施術所を個人若しくは法人名義で開設する場合は、開設後10日以内に開設届を保健所へ提出して下さい。
なお、構造設備等が基準に適合していることが必要となりますので、下記担当がご相談をお受けしています。計画段階で、事前に電話連絡の上、ご来所ください。法令及び指導基準に基づき確認いたします。
届出手数料は無料です。届出様式は、保健所の窓口でも配布しております。
(注意)新規開設手続きの流れ、構造設備基準、添付書類の留意事項、記載上の注意等の詳細は、施術所開設の手引きをご参照ください。

新規開設手続きの流れ

  1. 事前相談:平面図、提出書類等で準備可能なものをお持ちください。
  2. 工事、施設完成
  3. 開設:開設後10日以内に開設届を提出してください。
  4. 届出:実査後に副本をお渡しします。
  5. 実査:保健所の監視員が伺います。

提出書類

書類は正副2部提出してください。
1.施術所開設届 
「あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう」と「柔道整復」では様式が異なりますので、それぞれに開設届が必要です。
2.業務に従事する施術者の免許証の写し 
本証照合のため、本証もお持ちください。
3.平面図 
各部屋の用途、施術室・待合室の寸法及び面積、外気開放面積又は換気装置とその位置、器具・手指等の消毒設備の位置を示したもの(施術所の構造設備基準に適合する必要があります)。
4.案内図

  

以下は、法人開設の場合に必要です。
5.定款(寄付行為)の写し
写しについては、原本照合を行いますので、原本も併せてお持ちください(原本持参が難しい場合は、代表者による原本証明も可能)。

6.法人の登記事項証明書
発行後6か月以内のもの。副本添付用のみ写しでも構いません。

届出様式
施術所の届出様式は以下のサイト(医療政策部医療人材課)に掲載しておりますので、ご利用ください。

あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう、柔道整復施術所(医療政策部医療人材課)

出張施術(あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう)

施術所を設置せず、出張専門であん摩マッサージ指圧・はり・きゅうの業務を行う方は、業務開始後10日以内に出張施術業務開始届を正副2部提出してください。1部に受領印を押印し副本としてお渡しします。提出の際には、出張施術業務開始届の他、以下をご持参ください。
1.資格免許証(原本とコピー2部)
2.印鑑
3.本人確認書類(運転免許証やパスポート等)

届出様式
出張施術所の届出様式は以下のサイト(医療政策部医療人材課)に掲載しておりますので、ご利用ください。

あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう、柔道整復施術所(医療政策部医療人材課)

届出事項の変更、休止、廃止、再開手続き

届出事項を変更する場合、施術所を休止、廃止又は再開する場合は、届出(変更、休止、廃止、再開後10日以内)が必要です。
届出様式
施術所、出張施術所の届出様式は以下のサイト(医療政策部医療人材課)に掲載しておりますので、ご利用ください。

あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう、柔道整復施術所(医療政策部医療人材課)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩保健所 企画調整課 保健医療担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

診療所・歯科診療所・施術所等

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。