このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都南多摩保健所 の中の 業務内容から探す の中の 食品の衛生に関すること の中の あらたにテイクアウト・デリバリーを始める方へ のページです。

本文ここから

あらたにテイクアウト・デリバリーを始める方へ

現在、飲食店営業の許可をお持ちで、普段はお店の中で食品を提供している方が、テイクアウトやデリバリーを始める例が増えています。
テイクアウトを始めるにあたって、注意していただきたいことをまとめました。

営業許可を確認しましょう

現在お持ちの飲食店営業の許可で「できること」と「できないこと」があります。
取り扱う食品の種類によっては新たに許可が必要な場合もあります。
新たに許可の取得を検討される方は、お店の図面を持参の上、保健所までご相談ください。

新たに許可が必要な例(一部)

自家製パン

これまでメニューとして提供していた自家製パンや自家製プリンを単独で販売する
⇒菓子製造業

ドレッシング

メニューに使用していた自家製ドレッシングを容器に詰めて販売する
⇒調味料等製造業

焼肉セット

生肉を組み合わせて店内で包装し、「焼肉セット」等として販売する
⇒食肉販売業

弁当を作るときの注意点

テイクアウトの弁当は、イートインよりも調理してから食べるまでの時間が長くなるため、食中毒のリスクが高まります。
作業前後の手洗いや、使う器具の消毒などはいつも以上に確実に行いましょう。

テイクアウトに適したメニューを選びましょう

刺身NG

生卵や刺身など、生ものは避けましょう。

普段の食数を超えないようにしましょう

調理員

一度に作ることのできる量には限りがあります。施設の調理能力を超える作業は、不十分な手洗いや器具の洗浄消毒不備を招き、食中毒の危険が高まります。

食材は中心部まで十分に加熱しましょう

加熱

加熱後は常温に食品を長く置かず、すぐに冷やすなど適切な温度管理をしましょう。

販売時・配達時の注意点

食品は屋外で販売しないようにしましょう

温度計

販売は許可を得た施設内(屋内)で行ってください。店の前に机を出して販売することはできません。
室内であっても、温度の上がりやすい場所に食品を置くのは避けましょう。

お客様に情報提供をしましょう

お弁当

アレルゲン、消費期限、保存方法など、お客様の健康を守るために必要な情報は確実に伝えましょう。
弁当を他のお店に卸す場合などは、食品表示基準に基づく表示が必要になる場合があります。

配達完了まで油断禁物です

クーラーボックス

運搬に使う自動車や容器は清潔にしましょう。
運搬中の温度管理を徹底しましょう。
配送時間が短時間になるようルートを工夫しましょう。

参考資料

このページの内容をまとめたPDF形式の資料をダウンロードできます。

参考リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。飲食店における持ち帰り・宅配食品の衛生管理等について(その2)(薬生食監発0612第1号 令和2年6月12日)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。テイクアウトや宅配された弁当等により発生した食中毒事例(福祉保健局「食品衛生の窓」)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩保健所 生活環境安全課 食品衛生担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。