このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

介護職員スキルアップ研修

【医療的知識編】 
 高齢者介護の現場で働く職員が、高齢者の身体の特徴や、多い疾病の概要、健康状態の観察方法や医療介入の必要性などを学ぶことによって、日常の介護をより安全で質の高いものにするとともに、適切に医療職等と連携することができるようになることを目指して講義・個人ワークを行います。

【実践編】 
 高齢者介護において、その人らしい暮らしを支えるためには介護職や医療職との連携は不可欠です。日常生活を支援する介護職員には、高齢者の心身の変化にいち早く気づき、適切に医療職につなげる役割が期待されます。
 そこで本研修では、職場内の職員育成にあたる中堅職員が、高齢者の医療的知識や医療職との連携のポイントについて実践的に学ぶことで、職場全体における介護の質を高めることをめざします。

受講対象者

 【医療的知識編】
 都内に所在する以下の介護保険事業所において経験年数概ね1~3年目の介護職員で基礎的な医療知識を学びたい方。

 【実践編】
 都内に所在する以下の介護保険事業所において、以下A、B、Cの条件を全て満たした方
 A:介護職員として実務に従事していること
 B:介護福祉士等の資格を有すること
 C:研修受講後に事業所内での伝達研修を行えること

 1.訪問介護事業所(夜間対応型含)
 2.訪問入浴介護事業所
 3.通所介護事業所(認知症対応型・地域密着型含)
 4.通所リハビリテーション事業所
 5.短期入所生活介護事業所
 6.短期入所療養介護事業所
 7.認知症対応型共同生活介護事業所
 8.小規模多機能型居宅介護
 9.定期巡回・随時対応型訪問介護事業所
 10.特定施設入居者生活介護事業所(包括型、地域密着型含む。ケアハウス、有料老人ホーム及びサービス付高齢者向け住宅)
 11.介護老人福祉施設(地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護事業所含)
 12.介護老人保健施設
 13.介護療養型医療施設

 14.介護医療院
 15.看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)

募集要項

 介護職員スキルアップ研修【医療的知識編】の研修カリキュラム、申込方法、注意事項等が記載されています。よくお読みいただき、申込手続きを行なってください。

 ※介護職員スキルアップ研修【実践編】の募集要項は準備中です。
  (参考)令和2年度「介護職員スキルアップ研修【実践編 】」開催要項(PDF:256KB)

申込方法及び申込締切

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都社会福祉協議会 研修受付システム けんとくん

上記「東京都社会福祉協議会 研修受付システム けんとくん」からお申込みください。(初めて申込む場合は「新規団体登録」が必要になります。)

問合せ先

 本研修は、都から社会福祉法人東京都社会福祉協議会東京都福祉人材センターへの委託により実施しています。

 東京都福祉人材センター研修室
  〒112-0006
  文京区小日向4-1-6
  東京都社会福祉保健医療研修センター内
   TEL 03-5800-3335
   FAX 03-5800-0449

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 高齢社会対策部 介護保険課 介護人材担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

介護従事者向け研修

  • 介護職員スキルアップ研修
ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。