身近な人の変化に気づいたら
~ゲートキーパーについて~


ゲートキーパー啓発動画
「気付いたら 声をかけるその勇気」


<30秒バージョン>


<15秒バージョン>

ゲートキーパーとは、自殺のリスクにつながるような悩みに気づき、声をかけ、話を聴き、必要な支援につなげ、見守る人のことです。特別な資格はありません。
困難を抱え悩んでいる人を支援していけるよう、ゲートキーパーについて学んでみませんか?

ゲートキーパーが担う役割
~まず声をかけることから~

気づき、声をかける

①気づき、声をかける

気づき、声をかける

声掛けの例
「どうしましたか。おつらそうで心配です。」
「眠れていますか?力になれることはありますか?」

話を聴く

②話を聴く

話を聴く

相手の苦労をねぎらい、共感を表す
「それはつらかったですね。よく耐えてきましたね。」
「これまで一人で頑張ってきたのですね。」
「死にたい」という言葉と気持ちに寄り添う
「死にたいと思うほどつらかったのですね。」
「それほどおつらくて、消えてしまいたいと思うんですね。」

必要な支援につなげる

③必要な支援につなげる

必要な支援につなげる

紹介する
「この困りごとについては、○○の窓口が詳しいと思うので、
そちらにも相談してみてはいかがでしょうか。」
具体的なアクセス方法等を示す
「○○の窓口は、平日9時から17時まで受け付けているようです。
電話番号、住所は…です。
私から連絡させていただいてもよろしいでしょうか。」

見守る

④見守る

見守る

継続的な関わりができる場合は、つないだ後も、必要があれば相談にのることを伝えましょう。

地域の人々
地域の人々

つなぎ先機関


こころといのちの相談・支援 
東京ネットワーク

自殺の背景となる、多重債務、いじめ、過労、健康問題、家庭問題など様々な問題に対応している相談機関・窓口等が、「こころといのちの相談・支援 東京ネットワーク」として連携協力し、自殺予防に取り組んでいます。
※つなぐに当たって気をつけていただきたい点については、こちらをご覧ください。

 

生きるのがつらいと感じたとき
の相談窓口


電話で相談
0570-087478

東京都自殺相談ダイヤル


~こころといのちのほっとライン~

こころといのちのほっとライン

【受付時間】年中無休
12時~翌朝5時30分

※相談料は無料です。(別途、通話料がかかります。)
※0570で始まるナビダイヤルは、携帯電話の無料通話やかけ放題プラン等の対象外です。

※こころといのちのほっとラインのほか、悩みを抱え困っている時、様々な専門の相談窓口があります。
詳しくはこちら

LINEで相談
相談ほっとLINE@東京

「生きるのがつらいと感じたら…」窓口


 

 

【受付時間】年中無休
15時~22時30分

LINEの「公式アカウント」から、「相談ほっとLINE@東京」で検索し、友だち登録の上、ご利用ください。下のボタンからも登録できます。


友達追加

LINE相談のご利用にあたって