このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 子供家庭 の中の 子育て支援 の中の 助成・給付 の中の 不妊検査等助成 の中の 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う取扱いについて のページです。

本文ここから

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う取扱いについて

東京都では、このたびの緊急事態宣言及び日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会・日本産婦人科感染症学会の三学会より発出された不妊治療についての見解を踏まえ、東京都不妊検査等助成について、時限的に下記に当てはまる方に限り助成対象期間と申請期限を緩和することにいたしました。

御申請される際は御確認いただきますようお願いいたします。

今後、東京都からの連絡はこちらのページにて順次御報告させていただきます。お手数ですが御確認いただきますようお願いいたします。

特例の対象者となる方

次の(1)、(2)をどちらも満たす方が対象となります。


(1)平成31年4月2日から令和3年3月31日までに検査を開始した夫婦であること

(2)治療を延期した理由が新型コロナウイルス感染予防の観点からであること

※平成31年4月2日以降に検査を開始した夫婦を対象としたのは、この1年後の令和2年4月1日に日本生殖医学会から声明文が出されたためです。

特例の内容

助成対象期間を検査開始日から2年間に延長します。

申請期限についても、検査開始日から2年以内とします。
例:平成31年4月2日に検査を開始した方は、令和3年4月1日が申請期限となります(当日消印有効)。

お問い合わせ

このページの担当は 少子社会対策部 家庭支援課 母子医療助成担当(03-5320-4375) です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

不妊検査等助成

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。